気になる病気と症状辞典

感染で心臓に炎症が起き、発熱や筋肉痛など風邪に似た症状が現れます

心臓の筋肉、すなわち心筋に炎症を生じる病気で、心臓の収縮力が弱まるために機能が低下し、ときには生命にかかわる危険な状態に陥ることもあります。リウマチ熱、慢性関節リウマチ全身性エリテマトーデスサルコイドーシス、強皮症などから二次的に発病することがあります。
また、インフルエンザやコクサッキーウイルスによるウイルス性のものが、近年はとくに目立っています。

心筋炎の症状
ウイルス性心筋炎では、発熱、咳、のどの痛みといった風邪の症状や、吐き気、嘔吐、下痢などの消化器症状が起こり、数日後に、呼吸困難、胸痛、むくみなどの心臓症状が現れます。胸痛は合併する心膜炎の症状で、息を吸うときに痛く、前かがみの姿勢ではやわらぐのが特徴です。

症状が激しい急性期には、心不全不整脈も起こり、重症になると生命にかかわることもあります。重症の不整脈では、動悸やめまい、失神も起こります。

心筋炎の治療
自覚症状もないまま自然に治ってしまう軽症例から、数日から数週のうちに、急性心不全、または房室ブロックその他の不整脈で亡くなる劇症例までさまざまで、治療法も異なってきます。

まず、原因となっている病気の治療をします。感染症ならば、その細菌に効果のある抗生物質を用います。ウイルスの場合は、有効な抗生物質がないので、床につき、栄養を十分にとって、全身状態の改善に努めます。

心筋炎の症状が起これば、この段階で設備の整った病院に入院し、心臓専門医による治療を受けなければなりません。うっ血性心不全、房室ブロック、不整脈に対する治療が必要となるからです。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.