気になる病気と症状辞典

ストレスが原因で下痢・腹痛が起きる過敏性腸症候群(IBS)

精神的なストレスが原因で腸の運動や、腸液の分泌が悪くなり、下痢や便秘、腹痛をはじめとする症状が慢性的に生じる病気です。がんや潰瘍などの重大な病気ではありませんが、電車で通勤・通学をする人にとっては深刻な問題です。
腸の症状を訴えて受診する人の半数以上を占める頻度の高い病気です。便通の状態によって、腸の蠕動運動が低下する便秘型、1日3回以上の下痢が続く下痢型、下痢と便秘を繰り返す交互型に分けられます。

過敏性腸症候群はストレスに注意

以前は過敏性大腸炎、あるいは過敏性大腸症候群と呼ばれていましたが、大腸だけでなく、消化管全体に機能障害が起こる病気であるため、現在は過敏性腸症候群と呼ばれています。

過敏性腸症候群の症状
便秘や下痢のほかに腹痛、腹部の不快感、腹鳴などが主な症状です。排便後に便が残っている感じがする残便感、おなかが膨れた感じがする膨満感、食欲不振などもみられます。
また頭痛、めまい、動悸、肩こり、不眠など自律神経失調の症状が現れる場合もあります。

便秘や下痢については、それを交互に繰り返す交互型便通異常と、男性に多い下痢が続く状態や、女性に多くみられる便秘が続く状態があります。
ただ、下痢や便秘が続いても、身体には衰弱などが現れることはありません。

過敏性腸症候群の治療
ストレスを取り除くことが最善の対処法ですが、ストレスの原因がわからなかったり、わかっても状況(職場の人間関係など)を改善するのは難しいのが現状です。

しかし、規則正しい生活をして、軽い運動を行なう習慣を続けることで、腸管の機能を改善することができます。さらに、このような生活習慣の改善と併せて、下痢止め薬や整腸薬、腸管機能調整薬を服用したり、精神症状がみられる場合は抗不安薬や抗うつ薬などを用います。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.