気になる病気と症状辞典

胃の粘膜が変化して、キノコのように隆起した上皮性の良性腫瘍

胃粘膜の一部が内側へ向かって隆起し、キノコ型や山型などの突起になっているものを胃ポリープといいます。ほとんどは良性ですが、まれに悪性、すなわち胃がんの一種とされるものがあります。狭義にいう「胃ポリープ」は良性のものだけを指し、それに対して、悪性のものは「ポリープ状がん」と呼んで区別することもあります。

胃ポリープの内視鏡画像です

現状では原因は不明ですが、胃粘膜に炎症性の異常が起こったあと、それが自然治癒する過程で、粘膜の細胞が過剰に再生され、そのために生じるものという考えもあります。年代が高くなるほど、発症率が上がる傾向にあります。

胃ポリープの症状
一般的には無症状で、胃X線検査(いわゆる胃のバリウム造影)や内視鏡検査で見つかる場合が多くなっています。胃の粘膜細胞の増殖がみられる過形成性ポリープの場合は、10mm以上に大きくなると、出血が見られることがありますが、がん化する可能性は低いとされています。
胃ポリープは胃炎をともなうことが多く、胃もたれ、膨満感などの症状が現れることもあります。

胃ポリープの治療
定期的に胃X線検査や内視鏡検査で経過観察を行なっていれば、特別な治療はいりません。ただし、粘膜細胞の悪性化が疑われたり、幽門部にあって食物の通過を妨げたり、出血がひどい場合は、内視鏡的な切除の適応となります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.