気になる病気と症状辞典

糖尿病性腎症から腎不全になるケースが急増しています

糖尿病性神経障害および糖尿病網膜症と並ぶ糖尿病の三大合併症の一つで、高血糖状態が持続するために、腎臓の血液濾過機能が低下して、老廃物が血液中にたまる病気です。
近年、糖尿病性腎症から腎不全になるケースが急増しており、新規に透析療法を受けている人の約40%を占めるに至っています。

糖尿病の三大合併症の一つです

糖尿病性腎症の症状
はじめに見られる症状はたんぱく尿の出現ですが、近年ではたんぱく尿が出ていなくても、尿中アルブミン排泄量の増加によって早期発見ができるようになりました。また発病の早くからの高血圧をともなうことが多いとされています。

そして、異常が続いて尿中へ出るたんぱくの量が増加してくると 、血液中のタンパク質は減少してネフローゼ症候群となり、むくみがでるようになってきます。こうなると末期の腎不全へと移行しやすくなります。
また、目の網膜症のような眼症状や四肢の神経障害もみられるようになります。

糖尿病性腎症の治療
糖尿病の早期から血糖コントロールを適切に行なうことで、腎症の発症を防ぐことができます。また、発症後も低タンパク食を中心とした食事療法、血糖値や血圧のコントロールを厳密に行なえば、病状の進行を抑制できます。

高血圧の場合は減塩食にし、必要に応じてアンジオテンシン転換酵素阻害薬などの高血圧治療薬も使用します。進行して腎不全になると、透析療法(人工透析)を行なう必要があります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.