気になる病気と症状辞典

鉄分が不足してヘモグロビンの形成が困難になることで起こる病気

貧血のなかで最も多いものです。ヘモグロビンの成分はたんぱく質と鉄ですが、体内の鉄分が不足してくると、ヘモグロビンがつくれなくなり、貧血が起こります。健康な人の場合、鉄は体内に3000〜4000mgあります。このうち血液中を流れる赤血球のヘモグロビンの量はその約65%です。

赤血球が不足します

鉄は体内で作れませんから食べ物で供給しなくてはなりません。ですから出血が続いたり、鉄の供給が不足した状態が続くと貧血が起こってきます。とくに女性の場合は月経時に大量の鉄を失いますし、妊娠中には胎児の発育に大量の鉄が必要であるため、貧血になりやすい状態になります。
また、子宮筋腫過多月経胃潰瘍十二指腸潰瘍などからの出血も、微量で本人が自覚しなくても、長期にわたると貧血につながります。

鉄欠乏性貧血の症状
全身に酸素を運ぶ役目を果たしているヘモグロビンの量が少なくなるので、酸素不足の症状が出てきます。階段を上るときの息切れや動悸を感じやすくなり、全身の倦怠感、耳鳴り、めまいなども現れます。
足がむくんだり、爪がボロボロになったり、さじ状に逆にそりかえる(プラマー・ビンソン症候群)などの症状もみられます。

鉄欠乏性貧血の治療
疾患による出血の場合は、原因疾患の治療を行ないます。貧血の症状は、鉄剤を服用すると改善が見られます。十分な鉄分を補充するためには、鉄剤の服用を2〜3ヶ月続ける必要があります。
また、食生活で、鉄分を多く含む食品(レバー、牛もも肉、卵黄、ほうれん草など)の摂取も心がけます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.