気になる病気と症状辞典

花粉やハウスダスト、ペットの毛などで起こるアレルギー反応によって発症

体に異物が侵入したときに、防御反応が必要以上にはたらくことをアレルギー反応といいます。アレルギー性結膜炎は、このアレルギー反応によって起こる結膜の炎症のことをいいます。

結膜やまぶたの急なかゆみが特徴です

アレルギー性結膜炎の原因
アレルギーを起こす物質をアレルゲンといいます。アレルゲンはスギ科やイネ科などの花粉、ダニやハウスダスト、ペットの毛などですが、花粉がアレルゲンの場合を季節性アレルギー性結膜炎(花粉症)、ダニやハウスダストが原因のものを通年制アレルギー性結膜炎といいます。
コンタクトレンズの装着や薬剤の使用で起こることもあり、涙が減少すると起こりやすくなります。

アレルギー性結膜炎の症状
結膜やまぶたが急にかゆくなり、こすると赤くなったり、痛みが出たりします。異物感、目やに、涙、結膜の浮腫、発赤が起こりますが、症状は重くありません。また、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどが起こります。

アレルギー性結膜炎の治療
抗炎症薬、抗アレルギー薬、ステロイド約の点眼などで治療します。日常生活では、アレルゲンを避けることが第一ですので、できるかぎり室内を清潔にして、花粉やハウスダストなどがたまらないようにします。
花粉症の人は外出時には眼鏡やマスクを付き、帰宅した時は衣服をはたいたり、顔や目、髪を洗うなどを心がけましょう。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.