気になる病気と症状辞典

>視野の中に蚊や糸くずのような物が浮かんで移動して見える病気

視野の中に蚊や糸くずのような浮遊物がぼんやりと現れ、視線を動かすとそれらも一緒に動いて見える状態です。専門的には「硝子体混濁」といいます。
浮遊物の数に変化がなければ生理的なものですので心配ありませんが、急に数が増えたときは、放置すると視力障害や視野狭窄が起こることがあります。

飛蚊症の画像です

飛蚊症の原因
硝子体というのは、眼球内部の容積の大半を占めるゼリー状の組織で、眼球の形を保ち、角膜から入ってきた光を網膜へ通す働きをしています。この部分ににごりや出血があると、その影が網膜に映って、何かがちらつくように感じるわけです。

濁りの原因の一つである硝子体剥離は、硝子体が眼底からはがれて前方へ移動してしまった状態です。本来は光を通過させるだけの硝子体が網膜に影を落とします。後部硝子体膜の厚い部分が、影としてめるのです。

ほかにも、硝子体のにごりは、老化や極度の近視や先天的な原因でゼリー状の硝子体が液状化してしまういわゆる硝子体変性のほか、ぶどう膜炎などの炎症が原因であったり、網膜剥離の前兆としてみられることもあります。

飛蚊症の治療
まず原因となる病気を治療します。原因となる病気が治っても、硝子体の混濁がとれるまでには1年以上かかる場合もあります。
網膜剥離や網膜に穴があいて起こる場合には、光凝固などの手術を必要とします。ぶどう膜炎や硝子体出血などで強い硝子体混濁が起これば手術しますが、視力障害を残す場合もあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.