気になる病気と症状辞典

血中カルシウム濃度が著しく高くなる状態

血液中のカルシウム濃度が10.5mg/dl以上という著しく高い状態にある場合を高カルシウム血症といいます。副甲状腺ホルモンが多量に分泌される副甲状腺機能亢進症やビタミンA、Dの過剰摂取、あるいは悪性腫瘍をともなって血液中のカルシウム濃度が上昇しておきます。
骨粗鬆症の治療で活性型ビタミンD製剤を投与した場合にもおこることもあります。

血中のカルシウム濃度が高い状態です

高カルシウム血症の症状
軽度の場合は、便秘、吐き気、嘔吐、腹痛、食欲減退、脱水症状、多尿などがみられます。重度の場合は、意識混濁、昏睡をともなう脳の機能障害を引き起こします。
骨軟化症、腎不全、不整脈、ときには高血圧症をともなう場合もあります。慢性高カルシウム血症では、カルシウムを含んだ腎結石が形成されることがあります。

高カルシウム血症の治療
原因となる疾患の治療を行ないます。カルシウム濃度を下げるには、副腎皮質ステロイド薬、利尿薬、骨吸収抑制薬などを用います。腎機能が正常な状態ならば、多量の水分を摂取することにより、腎臓を刺激してカルシウムを排出させ、脱水症状を防止することができます。

関連疾患:低カルシウム血症


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.