気になる病気と症状辞典

手足のしびれや錯乱、意識混濁、けいれん低血圧症、不整脈などが起こります

血液中のカルシウム濃度が8.5mg/dl以下という著しく低下した状態を低カルシウム血症といいます。体内のカルシウムは骨に蓄えられており、必要に応じて血液中に供給されますが、尿に出てしまうカルシウムの量が多すぎるたり、カルシウムが骨から血液中へ移動しなくなってしまうと、血中濃度は低下してしまいます。
原因となる病気は、ネフローゼ症候群慢性腎不全、副甲状腺機能低下症、ビタミンD欠乏症、低マグネシウム血症、一部の悪性腫瘍などがあります。

手足のしびれなどの症状が現れます

低カルシウム血症の症状
カルシウムは骨や歯の形成に欠かせないことは有名ですが、そのほかにも筋肉の収縮、心臓の洞調律の維持、血液行にも重要な役割を果たしています。
カルシウムの不足状態が続くと中枢神経に影響がおよび、手足のしびれや錯乱、意識混濁、けいれん、低血圧症不整脈などが起こります。また、手指が自由に動かせなくなるテタニー発作を起こす場合もあります。

低カルシウム血症の治療
急性の低カルシウム血症の場合は、カルシウムの注射療法を行ない、慢性の場合は、カルシウム剤やビタミンD剤など飲み薬で治療します。原因疾患がある場合は、その治療を行ないます。

関連疾患:高カルシウム血症とは?


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.