気になる病気と症状辞典

冠動脈を拡張させる即効性硝酸薬(ニトログリセリンなど)を服用

心筋に血液を送っている冠状動脈が閉塞して心臓の筋肉返しを起こすために生じます。50歳以降の男性に多く、死に至ることもある大変危険な病気です。よく原因となるのは、冠動脈硬化症で、高血圧糖尿病高脂血症などが冠動脈硬化を引き起こす原因になります。

耐え難い胸痛が主症状です

また、心臓弁膜症や心房細動のある人では、心臓の弁などにできた血栓がはがれて流れていき、冠動脈に詰まって心筋梗塞を起こす場合もあります。

心筋梗塞の症状
ほとんどの場合に胸痛があります。それも、締めつけられるような痛さや、焼け火箸を突っ込まれたような痛さ、圧迫感などがあり、狭心症の場合よりも長く続きます。通常は1〜2時間、場合によっては翌日まで痛みが続きます。

痛みの場所の多くは胸の中央ですが、左寄りで心臓の鼓動を感じる部分や、左胸、左肩、背中、首、左腕、みぞおちなどに感じる場合もあります。脈拍が弱くなったり乱れたりすることが多く、危険な不整脈もあります。

心臓の鼓動や呼吸に関係なく、次第に顔色が悪くなり、手足が冷たく、吐き気や冷や汗を伴い、便意を催すこともよくあります。重症の場合には呼吸困難のために寝ていられず、泡の混じった痰を出して苦しむ肺水腫を起こしたり、意識も混濁してショック状態に陥ることもあります。

心筋梗塞の治療
心筋の壊死を最小限に食い止め、ショックや心不全に至らないようにするための救急処置が必要になります。それには発作後、ただちにCCU(冠動脈疾患用集中治療室)のある病院へ搬送することが望まれます。

急性期治療では、冠動脈を拡張させるための即効性硝酸薬(ニトログリセリンなど)を服用します。併せて、詰まった血栓を溶かすために血栓溶解薬を静脈注射し、血流再開を促す方法(冠動脈内血栓溶解療法)や経皮的冠動脈形成術(PTCA)などが行われます。

急性期を乗り越えたら、再発防止のために、持続性硝酸薬、β-遮断薬、カルシウム拮抗薬、抗血小板薬などを用いた治療が行われます。数日間の安静後、ベッドで起き上がったり、椅子に座ったりする軽いリハビリテーションからはじめ、徐々に運動量を増やしていきます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.