気になる病気と症状辞典

がんの早期発見のため、定期健診は積極的に受けましょう

胃粘膜から発生するがんの総称です。日本人の胃がんは、集団検診による早期発見率の向上、治療法の進歩などによって低下しつつあるとはいえ、依然として、がんによる死亡率の第2位です。
頻繁に胃粘膜を刺激することが原因につながりやすいとされています。アルコール、たばこ、塩分の濃い食品、焼き魚の焦げた部分、硬い米飯などが粘膜を刺激すると考えられています。

内視鏡で見た胃がんの画像です

さらに、胃の中に鞭毛を持ったヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)という細菌がいて、これが発症に深くかかわっているとも考えられています。特に日本人はピロリ菌の感染率が高いとされています。

胃がんの症状
初期には自覚症状はありません。がんが進行していくと、腹痛、胸やけ、吐き気、嘔吐、胃もたれ、食欲不振などが現れますが、胃腸の病気によくある症状と特に変わりありません。

さらに進行すると腹部の腫瘍が押さえてわかるほどになり、全身が衰弱して腹水がたまるようになります。吐血や下血も起こり、体重が減少します。さらに血液やリンパ液で運ばれてほかの臓器に転移すれば、低タンパク血症や脱水症状が現れ、臓器に障害が起こります。

胃がんの治療
がんが早期で小さいなら、内視鏡を入れて、その粘膜の一部を剥がしとる処置をします。内視鏡の一部にワイヤー上の機械を入れ、レーザー光線を照射してがんを破壊することもあります。
また、レーザーの代わりにマイクロ波、高周波電流などを流し、がん細胞を固める凝固療法などを行なうこともあります。

これに対して、がんの範囲が広い場合や、進行がんであるようなときには、手術が基本となります。がんが胃体部より下か胃角や幽門部にできたときは、胃を少し残して切除手術を行ないますが、上のほうにできたときは、胃を全部摘出しなければなりません。
ただし、この場合は消化吸収が悪くなります。胃は少しでも、残っていたほうがよいのです。
がんが胃角や胃体部の下のほうにできたときは、そこから下を切除して十二指腸とつなぐ手術をします。

早期発見のためのがんの定期健診は、できれば半年に一回の割合で受けましょう。
特に慢性胃炎胃ポリープ、消化性潰瘍を患ったことのある人は、それらががん化する可能性があるので、定期健診が重要になってきます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.