気になる病気と症状辞典

月経の数日前から、イライラ、不眠、頭痛、下腹部痛などの症状

月経のはじまる1週間前から、不眠、イライラ、憂鬱、乳房痛、便秘、のぼせ、むくみ、下腹痛などの症状が現れ、月経開始とともにこれらの症状が軽快したり、なくなる場合を月経前緊張症(PMS)といいます。月経前症候群と呼ばれることもあります。

生活に支障をきたす場合は婦人科で治療を受けましょう

月経前緊張症(PMS)の原因
黄体期の内分泌環境、特に黄体から分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)が関係すると考えられていますが、まだはっきりとした原因はわかっていません。
また、環境の変化などによるストレスや神経質な性格などの心理的な要因もかかわっているとされています。

月経前緊張症(PMS)の治療
子宮筋腫子宮内膜症でも似たような状態になることがあるため、内診や超音波検査が行われます。月経前緊張症と診断がついたときは、症状に応じた治療が行われます。
まず、鎮痛薬や精神安定薬、整腸薬などを処方する対症療法を行ないます。

症状が改善しなければ、漢方療法を行なうこともあります。それでもまだ症状が強い場合には、排卵を抑制するためにピルが処方されることもあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.