気になる病気と症状辞典

月経痛を我慢し続けると、隠れた原因疾患がさらに悪化する恐れ

月経時にけいれん性の下腹部痛、腰痛、頭痛、脱力感、嘔吐などが数日間続き、日常生活にも支障をきたす状態を月経困難症といいます。子宮や卵巣などの病気によって起こる器質性月経困難症と、とくに原因となる病気がないな機能性月経困難症の2つのタイプがあります。

激しい下腹部痛が主症状です

月経困難症の原因
ひどい月経痛で考えられる病気としては、子宮筋腫子宮内膜症、子宮腺筋症などがありますが、卵巣嚢腫によって起こる場合もあります。
原因となる病気がなくて月経痛がひどい場合は、子宮内膜で生成されるプロスタグランジンという物質の分泌が体質的に多いことが考えられます。
プロスタグランジンは子宮を収縮させて経血の排出をうながすはたらきをしていますが、分泌量が多すぎると、子宮が強く収縮して月経痛がひどくなります。

また、年齢が若いために子宮や卵巣が未成熟であったり、出産経験がなく子宮頸管が狭いなどの場合、さらには冷えや骨盤のゆがみなどもひどい月経痛の原因となります。

月経困難症の治療
器質性か機能性かを判断するために、問診、内診、超音波診断などを行なってから治療を開始します。対症療法としては、鎮痛薬を服用します。漢方薬を使用する際は、症状や体質にあったものを選ぶ必要があります。また、低用量ピルが使われることもあります。

月経痛を我慢し続けると、隠れた原因疾患がさらに悪化する恐れがありますので、症状が強くなるようなら、婦人科で診察を受けましょう。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.