気になる病気と症状辞典

先天性の場合は、瞳孔が隠れて見えないと、弱視になることがあります

眼瞼下垂(がんけんかすい)は、上まぶたが垂れ下がってきて、目にかぶさるようになり、まゆを上げないと目を開けにくくなる状態をいいます。
この状態が続くと、ミューラー筋という筋肉も使うようになり、その結果、肩こりや頭痛、不眠、便秘などの自律神経症状をともなうことがあります。

眼瞼下垂の写真です

眼瞼下垂の原因
まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の機能が、先天的に悪い場合もありますが、多くは加齢にともなって筋肉が伸びてきたために、まぶたを上げられなくなるものです。

また、動眼神経麻痺、重症筋無力症、免疫異常、がん転移による頚部交感神経障害などが原因で起こる場合もあります。

眼瞼下垂の治療
先天性の場合は、瞳孔が隠れて見えないと、弱視になることがあります。幼いうちの手術は傷跡が残るため、弱視の可能性が無ければ、ある程度成長してから、まぶたを上げる手術をします。

老人性の眼瞼下垂では、見えにくい場合には手術が必要です。まぶたの皮膚を一部切除し、目を開けやすくする手術、筋肉の一部を切除する手術があります。
重症筋無力症では、両まぶたに起こることが多く、病気の治療が必要です。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.