気になる病気と症状辞典

典型的な症状は、発作性の咳、呼吸に伴うゼーゼーという喘鳴、呼吸困難

激しい咳と痰が出て、呼吸困難におちいり、呼吸のたびにゼーゼーと音を立てる発作を起こす病気で、一般に「ぜんそく」と呼ばれています。発作は何時間かたつと自然におさまります。
原因ははっきりとわかっていませんが、何らかの刺激に対して、気道が過敏に反応し、気管支の筋肉が収縮して、気道が狭くなってしまうため、息苦しくなるものです。

気管支ぜんそくについて

気管支喘息にはアトピー型(アレルギー型)と非アトピー型(非アレルギー型)があります。前者は原因となる物質(アレルゲン)が特定されているタイプで子供に多くみられ、後者は発作を誘発する刺激物質が特定できていないタイプで成人に多くみられます。
主なアレルゲンは、ちりやほこり、ダニ、植物の花粉、ペットの毛やたばこの煙などです。

気管支喘息の症状
気管支喘息の発作は、何の前触れもなく突然起こります。多くの人は夜中から明け方にかけて発症します。最初は、のどや胸が詰まる感じがして目が覚めます。やがてのどが鳴って喘息がおき、呼吸が苦しくなります。

さらに呼吸困難がひどくなると、起き上がって座り込まなければ呼吸できない状態になり、咳や痰が出てきます。発作がおさまってくると咳も軽くなり、痰の粘り気も少なくなって呼吸困難も収まります。

気管支喘息の治療
根本的に治療する方法はなく、長期的に病気と付き合っていかなければなりません。できるだけ発作を起こさないように、予防と自己管理に努めることが大切です。

まず、アトピー型で刺激物質(アレルゲン)が特定されている場合は、それを避けることが第一です。非アトピー型の場合でも、たばこの煙やほこり、ペットの毛、植物の花粉などはできるだけ避けるようにします。

発作を繰り返す人は、慢性的な起動の炎症がみられます。この炎症を抑えるためには、長期的に吸入ステロイド薬を常用すると効果があり、発作の予防につながります。
発作に対しては、気管支拡張薬が有効です。発作が激しく、呼吸困難で苦しんでいるときは、医療機関で速やかな治療が必要です。

これらの治療で通常は2週間〜1ヶ月以内に治りますが、ときには肺炎を合併したり、化膿性炎症などに進行する場合もあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.