気になる病気と症状辞典

十二指腸の壁は、胃壁に比べて薄いため、出血や穿孔が起こりやすい

胃液が十二指腸の内側の粘膜を消化することで、粘膜より下の層に欠損ができた状態です。十二指腸潰瘍の場合は、とくに胃の働きが活発で、胃酸の分泌量が多い人によく起こります。
胃潰瘍は高齢者にもみられますが、十二指腸潰瘍は20〜30歳代の若い人によく起こります。

潰瘍部分の内視鏡画像です

胃潰瘍と同様に、胃酸やペプシンなどの胃粘膜に対する攻撃因子と、粘液や粘膜血流といった防御因子のバランスが崩されて引き起こされます。これにはストレスが関与しているほか、ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)との関係も指摘されています。

十二指腸潰瘍の症状
空腹時に胃部の痛みを感じるほか、潰瘍部分の出血によって吐血や黒色便がみられることもあります。また、患部に穴が開いてしまう穿孔が起きると突発的な激しい腹痛が生じます。

潰瘍の治療と再発を繰り返すと、傷痕が変形し、狭窄を起こしやすくなります。狭窄が起きると、飲食物が通りにくくなり、嘔吐などの症状が現れます。

十二指腸潰瘍の治療
胃液の消化作用を抑える薬剤、酸分泌抑制剤、胃壁の粘液を強める薬剤を服用するなど薬物療法が中心となります。食事は、消化がよく栄養価の高いものを心がけ、たばこ、アルコールは中止します。また趣味や運動などでストレスを解消することも大切です。

潰瘍からの出血がひどく、吐血、下血を起こしている場合には入院し、内視鏡を使って止血の手術をします。潰瘍が深くなり、患部に穴が開いてしまう穿孔という状態になると、激しい痛みが生じ、生命の危険があります。この場合は、急性腹膜炎を起こすので、緊急手術が必要です。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.