気になる病気と症状辞典

病状が進むと、のどの渇き、多尿、倦怠感、体重減少などの症状がみられる

人体は栄養素の一つである糖質を体内でブドウ糖に変えて腸で血液に溶け込ませて、血糖として細胞に運んでいます。この血糖が脳や筋肉などいろいろな細胞で使われるエネルギー源となるには、膵臓のインスリンと呼ばれるホルモンの助けが必要です。

糖尿病について

インスリン不足が慢性化すると血糖がエネルギーとして利用されず、血液中に停滞して血糖の濃度が高くなってしまいます。高血糖が続くと糖が尿に混じって排出されるようになります。これが糖尿病です。

糖尿病は大きく分けて、治療にインスリンの注射が欠かせない「1型」、必ずしもインスリンの補充を必要としない「2型」に分類されます。日本人の糖尿病の約90%は2型です。

糖尿病の原因
1型は、免疫反応に重要な役割をする白血球の中のリンパ球が、自己抗体をつくって膵臓のβ細胞を破壊する自己免疫異常などが原因で起こります。インスリンがほとんど分泌されない状態です。

2型は、糖尿病の遺伝因子を持つ人にカロリーの多い食生活、運動不足、肥満、ストレスなどの生活習慣因子や加齢が引き金になって発症するといわれています。

糖尿病の症状
初期には自覚症状は現れませんが、病状が進むと、のどの渇き、多尿、倦怠感、体重減少などの症状がみられるようになります。この病気が進行すると、細小血管がおかされ、糖尿病網膜症糖尿病腎症、糖尿病神経障害などの合併症が現れます。

また、メタボリックシンドロームと呼ばれる病態に加え、喫煙などの多くの危険因子が重なっていると、動脈硬化を基盤とした大血管障害を合併し、脳梗塞心筋梗塞など、生命にかかわる病気を引き起こします。

糖尿病の治療
食事療法と運動療法基本です。ほかに薬物療法やインスリン療法を行います。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.