気になる病気と症状辞典

しこりがやわらかく痛みを主とする軽いものは経過観察で十分

乳腺症は、乳房の病気の中で最も多い良性のしこりです。乳腺線維腺腫乳がんとともに乳腺の三大疾患と呼ばれています。40〜50歳の更年期の女性に多くみられ、卵胞ホルモン(エストロゲン)の過剰分泌が原因ではないかと考えられています。

乳腺の三大疾患のひとつです

乳腺症の症状
乳腺にしこりができて痛みます。ふつう両方の乳房に発生しますが、片方だけのこともあります。月経前に特に強く痛み、月経後は痛みが和らぐことが多いものです。このしこりは一度できると自然に消えることはありません。また、乳頭から異常な分泌物が出ることもあります。

乳腺症の治療
乳がんの前がん病変だと考えられていた時代もありましたが、現在では否定されています。一般に、しこりがやわらかく痛みを主とする軽いものは経過観察で十分で、乳腺痛がひどい場合は、鎮痛剤の内服をします。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.