気になる病気と症状辞典

みぞおちが突発的な痛み、胃のむかつき、嘔吐などの症状が現れます

胃の病気の中で最も多く見られるのが胃炎で、急性と慢性があります。急性胃炎のほとんどが急激かつ強い症状を示すものです。胃の内壁を構成している粘膜に炎症が起こり、充血やむくみを生じます。

外因性のものと内因性のものがあります。外因性急性胃炎は、飲食物や薬品などが原因で起こるもので、中でも過度の飲酒による例が多くみられます。熱いものやコーヒー、香辛料など、刺激が原因となることもあります。また、アスピリンや強心剤など薬が原因となることもあり、劇薬や毒物による急性胃炎もときにみられます。

内因性急性胃炎は、感染症などの合併症として生じるもので、肺炎やジフテリア、肝臓疾患などの病気から二次的に発生します。また、アレルギーによるアレルギー性胃炎もここに含まれます。

急性胃炎の症状
症状は原因によって多少異なりますが、多くは上腹部に激しい痛み、胸やけ、むかつき、嘔吐などで始まります。食中毒のときは発熱したり、下痢をともなったりします。
粘膜の炎症がひどいときには、激痛とともに吐血や下血の症状もみられます。

急性胃炎の症状は、胃潰瘍十二指腸潰瘍胃がん胆石症膵炎などと区別がつきにくく、お年寄りや子供の場合は虫垂炎とも区別が難しいです。なかでも、胃がんとは症状が酷似しています。
症状が軽く、原因がわかっている場合は問題ありませんが、原因がわからず、症状が続く場合は、医師の診察を受けるようにしましょう。

急性胃炎の治療
まず原因となる物質の除去(原因薬剤の服用中止など)を行います。むかつきや嘔吐が激しい場合は絶食し、点滴による栄養補給を行います。また、症状に応じて、胃酸分泌抑制薬、胃粘膜保護薬、制吐薬などを服用します。安静にしていれば、早期の回復が望めます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.