気になる病気と症状辞典

一定方向の線だけはっきり見えたり、片目で見ると物が二重に見える

角膜、水晶体の表面の形が正しい球面になっていないため、外界の一点から出た光線が、眼内で一点に集まらず、凹レンズ、凸レンズのいずれでもはっきりと見えない状態をいいます。
角膜や水晶体のカーブの度合いが異なる正乱視のほか、角膜のけが、炎症、角膜潰瘍などで、角膜の表面がでこぼこになり、光の屈折が不規則になって起こる不正乱視があります。

乱視になるとこんな風に見えます

乱視の症状
軽い乱視では自覚症状はありませんが、気が付くくらいになると、遠くのものが見えにくくなったり、1つの目で見ると物が二重になって見えるようになります。

乱視の治療
軽い乱視ならそのままにしておいてもよいのですが、見え方がおかしくなくても頭痛や目の疲れがあって、それが乱視によるものとわかったら対応を図るべきでしょう。

正乱視には眼鏡かハードコンタクトレンズを用いての矯正が有効です。光の進入方向によって屈折率が違う、特殊なレンズを使用します。たいていは近視や遠視も含まれているので、乱視用のレンズの構造は複雑です。どの面にどの程度の異常があるのか、乱視検査表や角膜計を用いて詳しく検査をしたあとで、その当人にあった乱視用レンズをつくることになります。
不正乱視の場合は眼鏡では対応しきれませんが、ハードコンタクトレンズならばよい視力を得られる場合があります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.