気になる病気と症状辞典

アレルゲンとなる食物を摂取したときに現れるアレルギー反応

アレルゲンとなる食物を摂取したときに現れるアレルギー反応のことです。代表的な食物には、卵やマヨネーズ、牛乳やバターなどの乳製品や大豆やそばなどがあります。
食品中にサリチル酸塩を含むトマト、きゅうり、りんごなどの野菜や果物などでも起きることがあります。また、ヒスタミンのようなアレルギー誘発物質を含む鯖やタケノコなどの食品でも起きることもあります。

食物を摂取したときに現れるアレルギー反応です

食物アレルギーの症状
原因物質の摂取から30分〜1時間で、じんましんや湿疹、かゆみ、下痢、嘔吐、咳などの症状が起こります。重症の場合はアナフィラキシーショックにおちいります。

食物アレルギーの治療
できる限りその食品を食べないようにすることです。対症療法としては、胃腸薬や抗アレルギー剤を使用します。また、アレルギーそのものには抵ヒスタミン剤や抗コリン剤を用います。
重い症状のものでは、副腎皮質ステロイド剤を使用します。アナフィラキシーショックの場合は緊急治療の必要があります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.