気になる病気と症状辞典

症状は重篤なアナフィラキシーショックや発熱、薬疹まで多岐にわたります

治療のために使う薬そのものがアレルゲン(抗原)となって、アレルギー反応を起こすことです。抗生物質や抗菌剤、解熱・鎮痛剤やワクチンなど様々な薬物が抗原となります。
胃腸薬やかぜ薬などは、体の中のタンパク質と薬物の化合物質が結合してアレルゲンとなり、生物からつくる薬剤などのように、それ自体がタンパク質のものもアレルゲンになります。

薬そのものがアレルゲンとなります

毎年、薬物の種類や使用量は驚くほど増えています。その増加に比例して薬物アレルギーの原因も増えていますので、症状も新たなものが現れています。

薬物アレルギーの症状
主に発疹やかゆみが現れますが、発熱や関節痛などの全身症状や、神経障害あるいは、嘔吐など胃腸障害の症状も出てきますし、喘息などを起こすこともあります。重症の場合は、アナフィラキシーショックを起こす場合もあります。

薬物アレルギーの治療
治療は、まずその薬の使用をやめることです。アナフィラキシーショック症状が起こったら、直ちに医師によってアドレナリンやノルアドレナリンなどの昇圧剤、輸血、抗ヒスタミン剤、副腎皮質ステロイド剤を注射し、窒息、呼吸停止があれば、気道確保、酸素吸入など、症状に応じた適切な対症療法を手早く行う必要があります。抗ヒスタミン剤はじんましんなどの皮膚症状に有効です。

予防としては、アレルギー体質の人は必ずその旨を医師に申し出ます。特にある薬に対して以前に軽いアレルギー反応のあった人が、再びその薬を用いると、ショック症状を起こすこともあります。

また、薬を連用するとその薬に対して感作され、アレルギーを起こしやすくなるので、薬はすべて医師の指示で使うようにします。特に、市販薬を自己判断で長期間使うことは避けましょう。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.