気になる病気と症状辞典

中高年の方は注意したい眼の病気(緑内障・白内障・眼精疲労など)

中年にさしかかってくると、目に何らかのトラブルや病気が起こることが多くなります。なかでも、近年注目されているのが緑内障です。潜在的には200万人とかなりの患者がいるにもかかわらず、医療機関で治療を受けているのは、わずか20%程度です。

目の病気について

加齢性黄斑変性もまた、中高年に増加しています。この病気はその名のとおり、加齢によって起こる眼の病気です。高齢化が進み、今後はさらに増えると予想されています。緑内障にしても、加齢性黄斑症にしても、治療が手遅れになれば失明する可能性の高い怖い病気です。

さらに、中高年になると高血圧や糖尿病、高コレステロールの人が多くなりますが、これらの病気も眼に悪影響を及ぼします。糖尿病による網膜症が、中途失明原因の第1位であることがそれを証明しています。

  • 白内障…瞳孔にある水晶体に濁りが生じて、視力が低下してくる病気です。
  • 緑内障…視神経が圧迫されて障害を起こし、視野が狭くなってくる病気です。
  • 飛蚊症(ひぶんしょう)…視野の中に蚊や糸くずのような浮遊物がぼんやりと現れます。
  • 黄斑変性症…ものゆがんで見えたり、視野の中心部分が暗く見えたりする病気です。
  • 網膜剥離…網膜が剥がれて、視細胞に栄養が行き渡らず、機能が低下します。
  • 糖尿病性網膜症…糖尿病の3大合併症の一つで、網膜の血管に障害が起こる病気です。
  • 網膜色素変性症…網膜の細胞が萎縮して、視力や視野の障害が進行していく難病です。
  • 中心性網脈絡膜症…黄斑部が浮腫状になること(腫れる)によって起こる病気です。
  • 視神経炎…視力が急激に低下し、特に、視野の中心部が見えにくくなる病気です。
  • 翼状片…目頭側の結膜から角膜にかけて、盛り上がった膜が広がってくる病気です。
  • 眼精疲労…目の酷使により、目の痛み、乾き、かすみなどの症状をきたす状態です。
  • VDT症候群…長時間ディスプレイの画面を見続けることによって起こる現代病です。
  • 近視…近いところにはピントがあってよく見えますが、遠くにはピントが合いません。
  • 乱視…一定方向の線だけはっきり見えたり、片目で見ると物が二重に見えたりします。
  • 老視(老眼)…水晶体の調節力が弱まり、近いところが見えにくくなる状態です。
  • 霰粒腫…マイボーム腺の出口が詰まって肉芽性の炎症を起こす病気です。
  • 麦粒腫…細菌の感染がもとでまぶたの一部が赤くなり、腫れて痛みが現れる病気です。
  • 睫毛乱生…逆さまつげのことで、まつげが眼球のほうを向いている状態です。
  • 眼瞼下垂…まぶたが垂れ下がってきて、目を開けにくくなる状態をいいます。
  • 角膜潰瘍…角膜にできた傷口にブドウ球菌などがついて潰瘍ができるものです。
  • 角膜ヘルペス…単純ヘルペスウイルスが感染して、角膜に樹枝状の潰瘍が生じます。
  • ぶどう膜炎…虹彩、毛様体、脈絡膜の総称であるぶどう膜に起こる炎症です。
  • アレルギー性結膜炎…アレルギー反応によって起こる結膜の炎症のことをいいます。

 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.