気になる病気と症状辞典

沈黙の臓器「肝臓」の病気は、症状を自覚したときにはかなり進行しています

肝臓は大きく、細胞の再生力も活発なので、障害が発生してもすぐに症状が出るわけではありませんので、症状が出たときには病状がかなり進行していることが多いのが特徴です。
病気として多いのは、アルコールやウイルスなどによる急性あるいは慢性の肝炎です。ウイルス性のものにはA、B、C型などがあります。

お酒の飲みすぎに気をつけましょう

胆道・胆嚢・すい臓の病気として多いのは、胆汁に含まれるコレステロールやビリルビンなどの成分が固まってできる胆石症です。胆石症は胆道のどこにでも発生するもので、この胆石症が原因で胆管炎や、胆のう炎が発生することもあります。

また、すい臓では消化酵素によってすい臓そのものが消化される急性や慢性の膵炎などがあります。食生活の変化やお酒の飲みすぎなどで、胆道・胆嚢・すい臓の病気は近年増加しています。

  • 肝臓がん…肝臓の細胞から発生する原発性のものと、転移性のの2つに大別されます。
  • 脂肪肝…肝細胞の中に中性脂肪が蓄積して腫れてしまい、障害が発生する病気です。
  • 肝硬変…肝細胞が再生と壊死を繰り返していくうちに、線維化して硬くなる病気です。
  • 肝不全…発症は、すでに肝臓のかなりの部分が損傷を受けていることを意味します。
  • 劇症肝炎…肝細胞が急激に壊死を起こし、意識障害や昏睡状態に陥る状態をいいます。
  • 慢性肝炎…原因のほとんどは感染した肝炎ウイルスに免疫反応がかかわっています。
  • アルコール性肝障害…大量のアルコールを長期間のみ続けることで起こる肝障害です。
  • 胆管がん…肝臓から十二指腸までの胆管に発生するがんで、中高年に多くみられます。
  • 胆嚢がん…胆管の途中にある胆汁を蓄えるための胆嚢という袋状のものに発生します。
  • 胆石症…胆管から十二指腸に分泌される胆汁の成分が石のように固まった状態です。
  • すい臓がん…自覚症状が少なく、早期発見が最も難しいがんのひとつです。
  • 急性膵炎…膵液の消化酵素が、膵臓や周囲の臓器を消化して炎症を起こします。
  • 慢性膵炎…膵臓が硬化して、膵液や酵素の分泌作用が低下する病気です。

 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.