気になる病気と症状辞典

消化器の病気の多くは、生活習慣やストレスとの関係が深い

消化器の病気は、食習慣、喫煙、飲酒などの生活習慣やストレスとの関わりの強いものが少なくありません。例えば、食物繊維が少なく、動物性脂肪が多い欧米型の食習慣の普及にともない、日本人の胃がんは減少し大腸がんが増加しつつあります。

消化器の病気について

また、アルコールを長年にわたって、多量に飲んでいると肝機能に障害が生じて、肝硬変を引き起こすこともあります。さらに、膵臓にも悪影響を及ぼし、急性あるいは慢性膵炎の原因にもなります。

近年では、人間関係などのストレスから腹痛や下痢などの症状が慢性的に現れる過敏性大腸症候群(IBS)や、潰瘍はないのに胃腸が痛むディスペプシア(NUD)という病気が増加してきているといわれています。

  • 逆流性食道炎…胃液が胃から食道に逆流して、食道の粘膜に炎症を引き起こします。
  • 食道がん…熱いものや辛いものを好んで食べる人に多くみられるといわれています。
  • 胃がん…頻繁に胃粘膜を刺激することが原因につながりやすいとされています。
  • 機能性胃腸症…検査で異常が見つからないのに、胃の不快な症状が続く状態の総称。
  • 胃けいれん…胃壁の筋層が緊張して起こる上腹部の激しい痛みのことです。
  • 急性胃炎…胃の粘膜がいろいろな刺激のために急性の炎症を起こした状態です。
  • 慢性胃炎…胃の粘膜が持続的に炎症を起こし、炎症が慢性的になる病気です。
  • 胃潰瘍…胃の粘膜に起こった欠損が、粘膜下の筋層にまで達する病気です。
  • 十二指腸潰瘍…胃液が十二指腸の粘膜を消化し、粘膜より下の層に欠損ができます。
  • 空気嚥下症…空気を飲み込むのが習慣になって、げっぷを繰り返す病気です。
  • 胃酸過多症…胃酸が過剰に分泌されて、胃内の酸度が異常に高くなる状態です。
  • 胃ポリープ…胃の粘膜が変化して、盛り上がってできたいぼ状のものをいいます。
  • 大腸がん…食物繊維が少なく、動物性脂肪の多い食事が関連あると考えられています。
  • 直腸ポリープ…直腸内にできた粘膜の隆起のことです。
  • 潰瘍性大腸炎…大腸、とくに直腸の粘膜がただれて、潰瘍などができるものです。
  • 過敏性腸症候群…ストレスが原因で、下痢や腹痛などの症状が慢性的に生じる病気です。
  • 腸閉塞…腸の一部の内腔が狭くなり、腸の内容物が詰まってしまう病気のことです。
  • クローン病…口腔から胃や腸までの全ての消火器に潰瘍や線維化を引き起こす難病です。
  • 吸収不良症候群…栄養素を正しく吸収できないため、栄養低下をきたしている状態です。
  • 虫垂炎…盲腸の先端から出ている中枢という管に炎症が起きる病気です。
  • 鼠径ヘルニア…鼠径部(大腿つけ根の内側部分)に腸の一部が脱出した状態です。
  • 腹膜炎…腹膜に何らかの原因で細菌が感染し、炎症を起こす病気です。

 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.