気になる病気と症状辞典

生活習慣を改善することは、循環器の病気の予防にきわめて有効

循環器の病気は、心臓と全身に血液を送りだしている動脈、全身から心臓に血液を戻している静脈、そして肺動脈に関係した病気のことをいいます。生命活動に必要不可欠な酸素や栄養を運んでいる心臓と血管は、水道のポンプと水道管の役目に例えられ、循環器に疾患が起こると生命に関わる重大な事態を引き起こしかねません。

循環器の病気について

循環器の病気の多くは、加齢に伴い発症するため「成人病」と呼ばれていましたが、近年では、発症時期の若年齢化が進んだため、食生活や喫煙・アルコール、運動などの「生活習慣」の乱れが大きな要素として注目されるようになり、「生活習慣病」と呼ばれるようになりました。循環器の病気の特徴を理解し、生活習慣を改善することは、循環器の病気の予防にきわめて有効とされています。

  • 狭心症…冠状動脈が狭くなり、必要な血液がそこから先に送れない状態が狭心症です。
  • 心筋梗塞…心筋が酸素不足になって壊死し、はたらかなくなった状態です。
  • 心不全…心臓の機能が低下して、臓器に血液を十分に提供できなくなった状態です。
  • 急性心膜炎…心臓の一番外を覆っている心膜に炎症が起きた状態です。
  • 心筋炎…心筋に炎症が起こり、心筋細胞がおかされる病気です。
  • 動脈硬化症…動脈の血管壁が弾力を失い、血液がスムーズに流れなくなった状態です。
  • 突発性心筋症…原因不明の心臓肥大または拡大が起こる心筋の病気の総称です。
  • 心臓弁膜症…心臓の弁が変形したり、動きが悪くなって障害が起きてくる病気です。
  • 血栓症…血栓が血管をふさぎ、血流が滞ると、さまざまな病気を引き起こします。
  • 大動脈瘤…放置すると、風船のように膨れて、表面が薄くなり、破裂しやすくなります。
  • 不整脈…心臓の収縮・拡張リズムが遅くなったり、間隔が乱れたりするものです。
  • 高血圧症…高血圧は脳卒中、心臓病、腎障害など重大な病気の危険因子になります。
  • 低血圧症…高血圧症とはちがって、身体に重大な影響を及ぼすことはありません。
  • 肺動脈血栓塞栓症…肺動脈に、血栓や脂肪、腫瘍細胞のかたまりが詰まった状態です。
  • バージャー病…四肢の細い動脈に炎症が起き、血栓ができて、内腔が塞がる病気です。
  • 下肢静脈瘤…下肢の表在静脈の血液が滞り、足の血管が浮き上がって見えるものです。

 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.