気になる病気と症状辞典

正中神経が圧迫され、親指から薬指にかけてしびれや痛みが出る病気

腕から指先まで分布する正中神経が、手のひらの手首に近いところ(手根部)で圧迫され、親指から薬指にかけてしびれや痛みが現れる病気です。中年女性に圧倒的に多いのが特徴です。

痺れや痛みが起こります

手根管症候群の原因
手根管には、骨と靱帯に囲まれたトンネルがあり、その中を正中神経が走っています。靱帯が肥厚してくると、トンネルが狭くなり、正中神経が圧迫されてきます。

中年女性に多いことから、ホルモン分泌の変調が原因ではないかと考えられていますが、急激な体重増加、甲状腺の機能低下、関節リウマチ糖尿病などが影響するとも考えられていて、はっきりとはわかっていません。
腎不全などで長期間人工透析をしている人に、透析液などに含まれているアルミニウムが関節や腱に蓄積して起こることもあります。

手根管症候群の症状
特に夜間や早朝に痛むことが多く、手首を前屈させる動作で、症状が強くなります。進行すると、親指の付け根の膨らんだ部分の筋肉が萎縮し、親指と小指でものを挟めなくなります。
手根部をたたくと、親指、人差し指、中指がビリッと痛むのが特徴です(キネル兆候)。

手根管症候群の治療
手首を固定したり、消炎鎮痛剤を使用して治療しますが、症状がよくならなければ管内に副腎皮質モルモンを注入します。それでも効果がなければ、靱帯を切開する手術を行います。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.