気になる病気と症状辞典

脳の血管の一部が破れて、頭蓋内に出血する病気

脳出血は、脳の血管の一部が破れて、頭蓋内に出血する病気です。出血は自然におさまりますが、あふれた血液が固まり(血腫)をつくり、脳の神経細胞を圧迫して、脳の働きが障害されてきます。

頭部CTでみる脳出血の写真

脳出血の症状
脳出血は突然起こることが多い病気です。半身不随、半身の痺れ、起立困難、めまいなどの症状がみられますが、脳のどこで出血が起こったかで症状が異なります。

被穀で出血した場合は手足の運動障害や感覚の異常、視床出血では感覚が鈍くなったり、痺れや軽い運動麻痺、手足や顔の異常な動きがみられます。また小脳出血では、突然激しい頭痛が起こり、嘔吐やめまい、耳鳴り、平衡感覚がなくなって立っていられない、意識がはっきりしなくなる、などの症状が出ます。

脳幹の出血では急に意識がなくなり、昏睡状態に陥り、手足の運動・知覚の麻痺がみられます。これらは高血圧によるものが多いのですが、大脳皮質下出血の場合は、高血圧を伴わない血管異常、脳動脈奇形、脳腫瘍からの出血も含まれていることが多いです。

脳出血の原因
直接の原因は、脳深部の血管にできた小さな動脈瘤の破裂ですが、高血圧が深く関与しています。脳深部の細い血管に起きた動脈硬化が進行すると、血管組織がもろくなり、血流の圧力によって動脈瘤ができやすくなります。
これが血圧の上昇によって破裂し、脳出血を起こすことがわかっています。

破れた血管は収縮して血液が固まるので、しばらくすると出血は止まりますが、固まった血(血腫)がまわりの組織を圧迫すると脳にむくみ(脳浮腫)が生じ、さまざまな機能にダメージを与えることになります。

なお、脳血管の破裂は高血圧だけでなく、脳動静脈奇形や歌手の徳永英明さんが経験された「もやもや病(異常血管網ができる病気)」、脳腫瘍などが原因になる場合もあります。

脳出血の治療
頭部CTなどの画像検査で、出血部位や障害の程度を調べて、治療方針が決められます。血圧をコントロールする薬、脳内のむくみを抑えるための薬による治療が中心ですが、血腫を取り除く手術をすることもあります。入院直後から、リハビリテーションを行います。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.