気になる病気と症状辞典

脳と神経の病気の共通の特徴は、どれも治癒が難しい

脳・神経の病気は数多くありますが、共通している特徴としては、どれも治癒が難しいという点が上げられます。日本人に最も多いのは、いまや国民病といわれる脳血管障害(脳卒中)です。
成人の死因は上位から、がん、心臓疾患(心筋梗塞など)、そして脳卒中の順になっています。

脳の病気について

急激な高齢社会にともなって、認知症も増加傾向にあります。近い将来、かぜ、高血圧症、糖尿病、高脂血症、胃炎などに次ぐ患者数をもつ病気になるのではないかと懸念されています。

  • 偏頭痛…頭の片側が、ズキン、ズキンと脈を打つように痛む頭痛のことです。
  • 脳出血…脳の血管の一部が破れて、頭蓋内に出血する病気です。
  • くも膜下出血…前触れもなしに突然、激しい頭痛に襲われ、吐き気や嘔吐がやってきます。
  • 硬膜下血腫…頭部外傷による疾患で、慢性のものは「治る認知症」の一つとして重要です。
  • 脳梗塞…脳の血管がつまり、その先へ血流が流れなくなる病気です。
  • 一過性脳虚血発作…一時的に脳の血液が滞って脳に酸素が乏しい状態となります。
  • 脳腫瘍…頭蓋骨の内部に発生する腫瘍の総称で、悪性と良性があります。
  • 多発性硬化症…中枢神経に脱髄変化が生じて、運動障害や知覚障害が起きる病気です。
  • 脊髄小脳変性症…歩行が上手くいかずにふらつくなどの運動障害がみられる病気です。
  • 末梢神経障害…しびれ、痛みなどの感覚障害、運動障害などが現れます。
  • ギラン・バレー症候群…手足の脱力や筋力の低下、感覚が鈍くなるなどの症状がでます。
  • 三叉神経痛…顔の片側に「刺すような」激しい痛みが突然起こります。
  • 重症筋無力症…全身の筋肉に力が入らず、疲れやすくなる病気です。
  • 自律神経失調症…律神経の調節が円滑にいかなくなって、さまざまな症状が現れます。
  • アルツハイマー病…典型的な初期症状は、数分前のことが思い出せない記憶障害です。
  • ピック病…原因不明の大脳萎縮性疾患で、65歳以下に発症する若年性認知症のひとつ。
  • パーキンソン病…震えと筋肉のこわばり、緩慢な動作を主な症状とします。

 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.