気になる病気と症状辞典

空気を多量に飲み込んでしまって、腹部が張って、げっぷが頻繁に出る病気

ふだん食事をしていると自然に空気を飲み込んでいますが、それはげっぷとして吐き出したり、腸のほうに移動しておならとなって外に出ます。しかし、その空気を飲み込むのが習慣になって、げっぷを繰り返す状態を空気嚥下症(呑気症)といいます。

頻繁にげっぷが出ます

早食いや炭酸飲料の取りすぎが原因の場合もありますが、多くは精神面・心理面の問題が関係しています。過剰なストレスを抱えて、無意識のうちに空気を飲み込む習慣が付いてしまう人もいます。

空気嚥下症の症状
腹部が張って、げっぷが頻繁に出ます。胃や腸にたまった空気が左横隔膜を圧迫するので、ときに動悸や息切れなどの症状がみられ、心臓病と間違われることもあります。

空気嚥下症の治療
ゆっくりとよくかんで食事をするようにします。症状が軽い場合は、消泡薬、消化管機能改善薬などを服用します。また、アルコールや香辛料、脂っこいもの、炭酸飲料などは避けるようにします。
精神的な原因がある場合は、ストレスを回避するようにし、必要に応じて抗不安薬などを用います。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.