気になる病気と症状辞典

激しく膝を使うスポーツ(サッカー等)をする子供に多い障害

骨の成長に筋肉の発達が追いつかず、太ももの前面の筋肉(大腿四頭筋)が頚骨粗面の骨端軟骨を引っ張る状態になるため、膝下に痛みや骨の突出が生じる病気です。
12〜13歳の男児で、サッカーやバスケットボールなどのように、プレーの際に激しく膝を使うスポーツをする場合にみられる障害です。

病変部の拡大写真

オスグッド・シュラッター病の症状
膝の皿の部分(膝蓋骨)のやや下が腫れて痛みます。触れると骨が突出しているのがわかります。成熟とともに痛みは消えますが、骨の突出は残ります。ただし、日常生活に支障をきたすことはありません。

オスグッド・シュラッター病の治療
スポーツが原因ならそのスポーツを中止する必要があります。湿布や消炎鎮痛剤で痛みを軽くします。ふつうは3ヶ月くらいスポーツを休むと痛みは治まりますが、骨成長が止まる16、17歳までは再発します。症状が軽くならない場合には、頚骨結節部分を手術することもあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.