気になる病気と症状辞典

肘のあたりの筋肉が部分断裂して炎症を起こす病気

野球でボールを投げることを繰り返していると、肘のあたりの筋肉が部分断裂して炎症を起こして、肘の内側に痛みが出て投げられなくなることがあります。これが野球肘です。
また成長期の子供では、上腕骨顆部から始まる手関節屈筋、手指の屈筋が酷使され、付着部炎、骨端炎を起こし、同様の症状が現れます。

投球の際に肘が痛くなります

野球肘の症状
投球するときや、その後に肘が痛くなります。日常生活に支障をきたすほどではありません。肘の伸びや曲がりが悪くなって、急に動かせなくなることもあります。

野球肘の治療
まず、投球を中止し、患部を安静にしておきます。治療は装具で肘を固定したり、痛みに対して鎮痛薬を使用します。肘の軟骨が損傷した場合は、手術が必要になる場合もあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.