気になる病気と症状辞典

成人でO脚がある場合は、変形性膝関節症や腰痛の原因になることも

両膝のお皿(膝蓋骨)を正面に向けて立ったとき、両くるぶしをつけると両膝が開いてしまう状態がO脚です。また、同じ姿勢で立ち、両膝をつけたときに、両足のくるぶしが離れてしまう状態をX脚といいます。成人でO脚やX脚がある場合は、変形性膝関節症や腰痛の原因になることがあります。

O脚の基準は、両膝の間に指が3本入るかどうか

乳幼児のO脚・X脚は、まれに、代謝異常や骨の病気が原因のことがあり、その場合は専門医による治療が必要です。脛骨(すねの骨)の膝に近い部分にある骨端線の障害により、骨の外側のみが成長することで、すねの骨が内側に曲がって育つブロント病などがその代表です。

ほとんどは、7歳ぐらいでほぼ正常の形に近づいていきます。早く歩けるようにと無理をさせたり、治そうとして無理な姿勢にするほうが問題になります。

O脚の治療
くるぶしを揃えたとき、両膝の間が大人の指の幅で3本以上離れている場合は、治療の対象となります。ブロント病の場合は、骨切り術を行う場合があります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.