気になる病気と症状辞典

股関節や膝関節に痛みが起こり、股関節が動かしにくくなります

成長期の子供の大腿骨の股関節が側の骨頭が血行障害などで壊死して、関節が変形していく病気です。幼稚園から学童期に多く発症しますが、とくに7歳前後によくみられます。先天性の股関節脱臼の修復が雑に行われた場合にも続発します。

股関節のエックス線写真

ペルテス病の症状
いつの間にか足を引きずるようになり、軽い股関節の痛みを訴えるようになります。股関節を内側、外側に動かしにくくなり、股関節部に圧痛がありますが、いずれもたいしたことはありません。
進行すると跛行や、じっとしていても痛みを感じる自発痛が強くなり、さらに進むと股関節の変形で痛みも跛行もひどく、股関節運動が強く制限されるようになります。

ペルテス病の治療
治療の基本は、痛む側の足での歩行を避け、関節の整列が乱れないようにすることです。歩行するときは外転負荷装具を装着して松葉杖を使います。これによって、大半は2〜3年で治りますが、修復が思わしくない場合は、大腿骨の手術も検討されます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.