気になる病気と症状辞典

足の親指が外側へ曲がって、関節のところで付け根が膨らんだ状態で変形

足の親指の付け根の関節部分で指が外側に向かって変形してくる病気で、親指の付け根が「く」の字のようになります。外反母趾は、足の裏側の横アーチが浅い人、隣の指よりも親指のほうが長い人に多く、かかとが高い靴や、つま先がとがった窮屈な靴、足に合わない靴を、長年、長時間履く生活が外反母趾の原因とされています。

外反母趾のエックス線写真

外反母趾の症状
関節の動きを滑らかにする滑液包という部位が靴などで圧迫されると、腫れや痛みが起こってきます。重症化すると、親指が隣の指と重なったり、関節部分の裏にたこができて痛みます。
また、痛みをかばおうとするために歩き方に無理が生じ、筋肉のバランスが崩れて、腰痛や膝の変形が起こってくることもあります。

外反母趾の治療
消炎鎮痛剤や湿布で治療します。変形の進行を予防するために、靴は幅広でつま先にゆとりがあり、ヒールが低くやわらかいものを選びます。親指と第2指の間にくさび状の挿入装具を挟んだり、足底版を入たりするのも効果があるとされています。
症状が深刻な場合は、手術で骨を矯正する必要があります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.