気になる病気と症状辞典

老化、疲労などによって軟骨が磨耗し、関節内組織の損傷や炎症が起きる

肥満や老化が原因となります。40歳以降の女性に多い病気ですが、老化、疲労、使いすぎなどによって軟骨が磨耗し、その結果、関節内組織の損傷や炎症が起きます。O脚やX脚、外反母趾、偏平足などの脚部の変形が影響することがあります。

正座や歩行動作が困難になります

変形性膝関節症の症状
座った姿勢から立ち上がるときや、階段の上り下りをする際に、膝に痛みを感じ、関節が腫れてきます。放置すると膝に水がたまり(関節水腫)、膝の曲げ伸ばしが不自由になり、正座や歩行動作に支障をきたすようになります。

特徴としては、動作をするときは痛みが強い(初動痛)のですが、ある程度、動いてしまえば苦痛が減り、入浴すると調子がよくなることです。

変形性膝関節症の治療
痛みには消炎鎮痛剤を使用します。温めて大腿四頭筋を強くすることによって痛みは軽くなります。痛みが強くなればヒアルロン酸・副腎皮質ホルモンの関節内注入も行われます。
症状が悪化すればO脚を治したり、人工関節置換術の手術を行います。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.