気になる病気と症状辞典

首、肩、腕の痛みを特徴とするさまざまな症状の総称

首、肩、腕の痛みを特徴とするさまざまな症状を総称して頚肩腕(けいけいわん)症候群と呼びます。長時間にわたってパソコンに向かってキーボードやマウス作業をしている人に多く、腕から首、肩にかけての筋肉疲労がおもな原因です。また、加齢による頚椎椎間板への大きなストレスが引き金になって起こることもあります。

長時間のキーボードやマウス作業に注意しましょう

頚肩腕症候群の症状
首や肩や腕の筋肉痛のほか、背中の筋肉の張り、冷感、めまい、しびれ、肩こりなどがあります。以前は、同じ症状を訴える五十肩胸郭出口症候群なども含まれていましたが、現在は原因の解明によりそれぞれ別個に扱われています。

頚肩腕症候群の治療
休息をとることがまず第一です。それに加えてカイロや蒸しタオル、入浴などで患部を暖める温熱療法や、筋肉を強化し血行をよくするための運動療法も合わせて行うと効果的です。とくに症状の強いものに対しては、薬を用いて血行の回復を促す処置がとられることもあります。

しかしながら、一定期間の休息によって完全に症状がおさまったとしても、仕事を再開するとたちまちもとの状態に戻ってしまうことも少なくありません。したがって、職場における配置転換など、病院での治療とは違ったレベルでのケアも、重要な要素となります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.