気になる病気と症状辞典

胸郭出口を通る神経や血管が圧迫され、首や肩の痛みがでる

胸郭出口は、肋骨・鎖骨、首や胸の筋肉などで囲まれ、頚髄から枝分かれした神経や、心臓から腕に行く血管が通る場所です。胸郭出口症候群とは、この隙間が狭いなどの原因で、神経や血管が圧迫されたり、引っ張られることで首、肩、腕に痛みやしびれなどが起こります。

首や肩の痛みやしびれ

なで肩の人、上肢をあげて仕事をする理容師や美容師、体つきのがっしりとした人は、血管や神経に強い圧迫をかけるため発症しやすいとされています。

胸郭出口症候群の症状
首から肩、腕へかけてひどくだるくなり、加えて疲れやすさ、痺れなども覚えます。脱力感はかなり強くて力を入れることができません。とくに腕に強く現れることが多く、冷えをともなうこともあり、ときに小指や薬指に知覚異常がみられることもあります。
また、腕を頭上へ伸ばしたり、首を曲げたりしたときには症状がいっそう強まります。

胸郭出口症候群の治療
消炎鎮痛剤や筋弛緩剤を使いますが、たいていは、痛みが起こりにくい姿勢や体位をとるだけで症状は改善します。薬物療法によっても治りが悪かったり、血管造影検査によって圧迫が強いことがわかった場合は、圧迫している部位の第一肋骨を切除する手術を行います。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.