気になる病気と症状辞典

椎間板の軟骨組織が後方に飛び出して、頚部の脊髄や神経根を圧迫

頚椎と頚椎の間にある椎間板という軟骨組織が後方に飛び出して(ヘルニア)、頚部の脊髄や神経根を圧迫するために起こります。椎間板が飛び出ただけでは、あまり症状はありませんが、椎間板は靱帯が弱く、抵抗の少ない後方や斜め後ろに出ることが多く、飛び出した髄核が、そこに走る脊髄や神経根を圧迫するようになると、しびれなどの神経症状が現れます。

頚部の脊髄や神経根を圧迫されます

頚椎椎間板ヘルニアの症状
左右どちらかの肩から腕に痛みとしびれ、あるいは脱力感が起きます。首が動かせないほど痛むこともあります。髄核後方にはみ出た場合は脊髄を直接押すので、胸から足までしびれが広がり、階段でつまづきそうになったり、足が突っ張るような歩行障害を起こします。

頚椎椎間板ヘルニアの治療
急性期は、安静や消炎鎮痛薬による治療、痛みが慢性化してきたら、温熱療法、牽引療法、運動療法を行います。改善しないときは、神経ブロック注射、入院しての安静や持続牽引療法、ときには手術が必要になることもあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.