気になる病気と症状辞典

椎間板の中心部分である髄核が飛び出して、腰髄の神経根を圧迫します

椎間板は背骨を構成する椎骨の間にある軟骨のことで、椎骨にかかる衝撃を吸収するクッションの役割を担っています。この椎間板の周辺部分の亀裂から、椎間板の中心部分である髄核が飛び出して、腰髄の神経根を圧迫して痛みが生じるものが腰椎椎間板ヘルニアです。
多くは4、5番目の腰椎の間の椎間板か、5番目の腰椎と仙骨の間に起こります。

椎間板の中心部分である髄核が飛び出します

腰椎椎間板ヘルニアの症状
腰から臀部、膝の下から足の指にかけて、しびれや痛みがある坐骨神経痛の症状が現れます。脱力感や筋力の低下あるいは知覚障害がおき、歩行中につまずくことが多くなります。
まれに、髄核が後方正面に出て、排尿や排便の感覚がわからなくなるような場合は、緊急手術が必要になります。

腰椎椎間板ヘルニアの治療
腰痛や坐骨神経痛の症状が激しい急性期は、安静にして消炎鎮痛薬や、筋弛緩薬で治療します。慢性の痛みに対しては、温熱療法、骨盤牽引療法、腰部を安定させるための運動療法などが行われます。急性の痛みがとれない場合は、痛みを止める硬膜外ブロックや神経根ブロックの注射で痛みを除去します。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.