気になる病気と症状辞典

痛みや異常を感じたら、早めに整形外科を受診しましょう

骨の成長は思春期ごろで止まりますが、骨量は20歳代までは増え続けます。しかし、骨量のピークは30歳前後といわれ、それ以降は増えることはありません。
骨の内部では、常に古い骨が吸収され、新しい骨が少しずつ形成されています。この骨形成と骨吸収のバランスが崩れて、骨吸収が亢進すると骨量が減り、骨がもろくなります。

加齢とともに関節も柔軟性を失い、運動不足から筋肉の力も低下します。肩こりや腰痛などは筋力低下の表れといえます。痛みや異常を感じたら、年齢のせいだと放置しないで、早めに整形外科を受診しましょう。

  • ぎっくり腰…背骨の一部を構成する腰椎に、負担がかかって炎症を起こす急性の腰痛です。
  • 坐骨神経痛…坐骨神経が何らかの原因で刺激されて、脚などが痺れて痛みます。
  • 腰椎椎間板ヘルニア…髄核が飛び出し、腰髄の神経根を圧迫して痛みます。
  • 頚椎椎間板ヘルニア…軟骨組織が飛び出し、頚部の脊髄や神経根が圧迫されます。
  • 脊柱管狭窄症…脊柱管が加齢に関係して狭窄し、腰痛や痺れなどの症状が現れます。
  • 脊柱側湾症…原因不明、あるいはさまざまな原因で脊柱が曲がってくる病気です。
  • 胸郭出口症候群…胸郭出口の神経や血管が圧迫され、首、肩、腕にしびれが起こります。
  • 五十肩…老化とともに肩の関節が痛んだり、関節の動きが以前より悪くなるものです。
  • 頚肩腕症候群…腕から首、肩にかけての筋肉疲労がおもな原因です。
  • ばね指…腱鞘が肥厚して、指の付け根に痛みやひっかかりが生じるようになります。
  • 手根管症候群…正中神経が圧迫され、親指から薬指にかけてしびれや痛みが現れます。
  • 変形性股関節症…股関節の軟骨が磨耗して、股関節や太もも、膝などが痛む病気です。
  • 変形性膝関節症…軟骨が磨耗し、その結果、関節内組織の損傷や炎症が起きます。
  • 外反母趾…足の親指の付け根の関節部分で指が外側に向かって変形してくる病気です。
  • ペルテス病…大腿骨の股関節が血行障害などで壊死して、関節が変形するく病気です。
  • O脚…両膝のお皿を正面に向けて、両くるぶしをつけると両膝が開いてしまう状態です。
  • 肉離れ…筋肉が急に緊張して、筋肉や筋膜が断裂するのが肉離れです。
  • アキレス腱断裂…スポーツ時に強い力がかかったりして、アキレス腱が断裂します。
  • 疲労骨折…骨の同じ部分に長い間繰り返して負担をかけると、骨も疲労して損傷します。
  • 野球肘…肘の筋肉が部分断裂して炎症を起こして、肘の内側に痛みが現れます。
  • オスグッド・シュラッター病…骨の成長に筋肉の発達が追いつかず、骨の突出が生じます。
  • 脊椎圧迫骨折…交通事故などによる衝撃で胸椎や腰椎が圧迫されてつぶれた状態です。
  • 骨粗鬆症…カルシウムが溶けて骨の質量が低下して、骨折や腰痛を起こすものです。

 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.