気になる病気と症状辞典

内臓脂肪蓄積型肥満に、高血糖・高血圧・高脂血症の2つ以上を合併した状態

内臓脂肪蓄積型肥満に、高血糖・高血圧・高脂血症の3つの生活習慣病のうち2つ以上を合併した状態を「メタボリックシンドローム」と呼びます。これらの要素は、それぞれが治療の必要がない軽症でも、複数が合併すると動脈硬化が加速され、心筋梗塞脳梗塞のリスクが高まってきます。

内臓脂肪型肥満が原因です

メタボリックシンドロームの診断基準は、ウエスト周囲径が男性85cm以上/女性90cm以上で、かつ下記のA・B・Cのうちの2項目を満たすときです。

  • A.脂質異常…中性脂肪150mg/dl以上あるいはHDLコレステロール40mg/dl未満
  • B.血圧異常…最高血圧130mmHg以上あるいは最低血圧85mmHg以上
  • C.糖代謝異常…空腹時血糖110mg/dl以上

メタボリックシンドロームの原因
内臓の周囲に脂肪が溜まる内臓脂肪型肥満が原因です。食生活の欧米化により、高脂肪・高カロリーの食事が多くなりがちです。さらに、お酒の飲みすぎ、運動不足、生活リズムの乱れも重なると、脂肪がどんどんたまっていきます。

内臓脂肪の脂肪細胞からは、インシュリンの働きを悪くさせたり、動脈硬化を悪化させる物質が分泌されます。また、動脈硬化を予防するアディポネクチンの分泌が抑制するので、動脈硬化が進みやすくなります。

メタボリックシンドロームの改善
治療薬はありませんので、生活習慣を改善し内臓脂肪を減らして、メタボリックシンドロームの状態から抜け出すしかありません。まず、高エネルギー、高脂肪の食事を控えて、栄養バランスの取れた食生活を心がけます。

また、適度な運動はインシュリンの働きを良くして血糖値を下げるので、1回30分以上のスポーツ(ジョギングなどの有酸素運動がベスト)を週2回以上するようにしましょう。
内臓脂肪は、皮下脂肪より減りやすく、食事療法、運動療法の効果は比較的早くからあらわれます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.