気になる病気と症状辞典

ヒトパピローマウイルスの感染によって起こるSTD(性感染症)

ヒト乳頭腫ウイルス(ヒトパピローマウイルス)の感染によって起こるSTD(性感染症)のひとつです。感染してもすぐに症状は現れません。組織を採取して調べると診断できます。
再発することが多く、何度も治療を受けなければいけないことが多い病気です。

患部の痛みやかゆみが特徴です

尖圭コンジロームの症状
2〜3ヶ月の潜伏期を経てから発症します。亀頭の根元や包皮、陰嚢、肛門周辺に米粒大のイボのようなものが数個でき、数が増えるとともに小豆くらいに大きくなり、炎症が起きると痛みやかゆみをともなうこともあります。

痛みやかゆみは我慢できる程度ですし、あまり見られたくないデリケートな場所ですので、診察を受けない場合も多いようですが、ほかの人への感染を起こすだけではなく、陰茎がんとの関係が指摘されている病気なので注意が必要です。

尖圭コンジロームの治療
イボを液体窒素で凍結させて取る、局部に麻酔をかけてメスで切り取る、電気やレーザーで焼き固めるなどの方法がとられます。抗悪性腫瘍薬の軟膏を塗布したり、抗ウイルス作用のある注射で治療する必要があります。

潜伏期間が長く、治ったと思っても症状が再発することがあり、根気よく治療する必要があります。予防として、性交時にコンドームを用います。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.