気になる病気と症状辞典

毒性のアセトアルデヒドが、肝細胞を破壊したり、炎症性の変化を起こす

大量のアルコールを長期間飲み続けることで起こる肝障害です。肝臓がアルコールを分解するときにできるアセトアルデヒドという毒性の強い物質が、肝細胞を破壊したり(壊死)、炎症性の変化を起こしたり(変性)、肝細胞の線維を増殖させて肝臓を硬く変化(線維化)させたりします。

肝臓を休める休肝日を作りましょう

進行の程度によって初期の脂肪肝から、アルコール性肝炎、さらにアルコール性肝硬変とに分けられます。どんなに肝臓が丈夫な人でも、1日に日本酒二合以上を5年以上毎日飲み続ければ発症します。

アルコール性脂肪肝
アセトアルデヒドにより、肝細胞の中に中性脂肪が大量に蓄積して腫れてしまい、その結果、肝臓そのものが腫れて肝臓の機能に障害が発生してしまうものです。

最初は自覚症状がないことが多いですが、そのうち全身倦怠感、腹部膨満感などが現れます。治療は禁酒と栄養バランスのよい食事を心がけることが基本で、肥満の人は運動も必要です。

アルコール性肝炎
肝細胞が壊れて肝臓に炎症が起きている状態です。一般的には禁酒により改善するとされていますが、急性肝不全を起こすと危険な状態になることがあります。

症状は脂肪肝と同様の全身倦怠感や腹部膨満感のほかに、譲腹部の痛みや、吐き気・嘔吐、下痢などが現れ、体重が減少します。また、発熱、黄疸、腹水なども起きます。
治療にあたっては入院が必要で、食事療法、副腎皮質ホルモンの投与のほかに、アルコール依存の治療が必要な場合もあります。

アルコール性肝硬変
肝細胞が壊死して線維化が起こり、肝臓全体が硬くなって肝機能が極度に低下した状態です。症状は黄疸、腹水、体重減少、肝臓腫大など肝硬変と同じような症状が現れます。
完全な禁酒を守り、ほかの肝硬変と同様の治療をすることで良好な予後が望めるとされています。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.