気になる病気と症状辞典

24時間以内に症状や後遺症を残さない経過をたどります

一時的に脳の血液が滞って脳に酸素が乏しい状態(虚血)となり症状が出るが、24時間以内になんら症状や後遺症を残さない経過をたどる疾患のことをいいます。原因として、脳の動脈硬化や微細な塞栓、あるいは脱水症状などにより粘り気を増した血液により、一時的に動脈閉塞が起こることによると考えられています。

一過性脳虚血発作は高齢者に多くみられます

また広義には、著しい徐脈や低血圧など心臓機能が一時的に低下することにより、脳への血流が低下し、脳が虚血状態になる場合も含みます。こうした状態は高齢者に多く、もとには戻らない不可逆的な脳梗塞に移行しやすいので注意が必要です。

一過性脳虚血発作の症状
脳梗塞と同様で左右どちらかの上肢と下肢に、運動障害または感覚障害が起こることが多いです。軽度の運動麻痺があったとしても上記のように24時間以内に症状が全てなくなります。

一過性脳虚血発作の治療
治療も同様に脳梗塞に準じた治療を行います。もっとも早期に治療することで脳梗塞が治り、脳梗塞を一過性虚血発作と診断することもあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.