気になる病気と症状辞典

ピック病は65歳以下に発症する若年性認知症の一つ

アルツハイマー病に代表される原因不明の大脳萎縮性疾患で、65歳以下に発症する若年性認知症のひとつです。精神医学者のアーノルド・ピック氏が発見したことからこう命名されました。
記憶障害を起こすアルツハイマー病と異なり、脳の委縮によって感情の抑制が効かなくなり、毎日同じ行動を繰り返したり、ちょっとしたことで怒りっぽくなるなどの言動がみられるなど、主に「行動障害」が症状として現れるのがこの病気の特徴です。

平均発症年齢は49歳とアルツハイマーに比べて若干早めです。ピック病の発症が分かりにくいこともあったため、これまでの患者の数はそう多くありませんでしたが(国内の患者数は約1万人)、病気が一般に認知され始めると患者数が増えてくると考えられています。
また、画像診断技術の向上で正しく診断を得やすくなったものの、うつ病や統合失調症と誤診されているケースも多く実態調査が進められています。

ピック病の原因
どのようにしてこの病気になるかはわかっていません。ただし、いくつかのタイプがこの病気にはあることがわかってきています。一つはピック球という異常構造物が神経細胞の中にたまるタイプです。
また近年発見されたものとして、TDP-43というタンパクがたまるタイプがあります。このようにいくつか異なる原因があると考えられていますので、最近ではピック病という病名はピック球がみられるタイプに限って使う傾向になりつつあります。

ピック病の症状
主な症状としては滞続言語(会話の内容とは無関係に、同じ話を繰り返す)や自制力低下、感情鈍麻、異常行動(浪費、過食、収集、徘徊など)、人格変化(無欲・無関心)が表れます。アルツハイマー病の場合だと、記銘力・記憶力低下などの知的機能低下が初発症状に表れますが、ピック病の初期は記憶・見当識・計算力は保たれています。

治療法はまだ十分に分かっていませんが、専門家の間では脳血流を活発にする栄養補給や適切なケアによって、悪化を遅らせることは可能であるとされています。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.