気になる病気と症状辞典

血液中の水分が血管外に漏れ出して、肺胞の中に溜まります

肺の血管内の血液量が増え、流れが滞った状態を肺うっ血といいますが、この状態が進行して、血液中の水分が血管外に漏れ出して、肺胞の中にたまったのが肺水腫です。呼吸のたびに「ゼーゼー」と音がして、喘息のような症状を起こします。

心臓の病気(心臓弁膜症心筋梗塞など)や肺梗塞などがあると、左心室から全身に血液がスムーズに流れなくなります。すると肺血管内圧が上昇して、肺に血液がたまり、血液成分が肺の細い血管の膜から漏れ出てくるわけです。

肺水腫の症状
はじめは息切れ、就寝時の空咳や呼吸困難になるものの朝になれば元の状態に戻る、という程度です。それがだんだんひどくなってくると呼吸困難が強くなり、横になることもできなくなります。
呼吸困難とともに脈拍数が増えて呼吸回数が増加します。肺胞にしみ出した血液成分が気管支を通って出てくるので、血液の混じったピンク色の泡沫状の痰が多くなります。

肺水腫の治療
酸素を吸入したり、痰を除去します。その際、人工呼吸器を使用することもあります。一番大切な治療としては、即効性のある利尿薬を投与して尿をたくさん出し、肺血管内圧を下げ、血液成分が細胞内に漏れ出るのを防ぐことです。また、強心薬を投与して心臓の心拍を助けることも必要となってきます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.