気になる病気と症状辞典

水晶体の厚さを調節する力が弱まり、近いところが見えにくくなる

眼に入ってきた光は、主に水晶体によって屈折させられます。機能正常ならばその焦点は網膜上にあり、そこに像を結びます。レンズの役割を果たす水晶体は柔軟な弾力性を備えていて、遠いところを見るときは薄く、近いところをみるときは厚くなって、焦点距離をうまく調節する働きをしています。

近くを見るときに弾力性が必要となるので、それが失われてしまうと近いところが見づらくなります。これが老視、一般的には老眼と呼ばれる状態で、からだの老化現象の一つであり、水晶体の老化に伴う、避けるのことのできない生理現象です。

老視の症状
屈折力が少し弱くなったときは、少し距離をとれば焦点合わせができるということになります。したがって、老視は本や新聞などを少し離してみるようになることから始まります。また、焦点合わせのため目に余計な負担がかかって、目の疲れ、かすみ、涙が出る、頭痛がするなど、いわゆる眼精疲労の症状も現れてきます。

老視は老化によるものですから、中年以降の人に見られる現象です。一般的にいって、遠視のある人はやや早め(30代後半)に、近視のある人はやや遅めに始まる傾向があります。
徐々に進行して、次第に屈折力が弱くなり、したがって、次第に本を離す距離が伸びていきます。60〜70歳になると、水晶体の調節力がほぼゼロになるため、老視の進行もそこでストップします。

老視の治療
老視は病気ではなく、治療するという性質のものではありません。水晶体の弾力が失われてしまうと、それを回復する手立てはないので、老眼鏡によって調節するのが唯一の対応法です。
老眼鏡を使い始めてから老視の進行が止まるまでは、1〜2年に1回ぐらいのペースで精密検査を受け、老眼鏡のどを調節していく必要があります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.