気になる病気と症状辞典

消化器の病気のリスト

消化器の病気は、食習慣、喫煙、飲酒などの生活習慣やストレスとの関わりの強いものが少なくありません。例えば、食物繊維が少なく、動物性脂肪が多い欧米型の食習慣の普及にともない、日本人の胃がんは減少し大腸がんが増加しつつあります。

消化器の病気について

また、アルコールを長年にわたって、多量に飲んでいると肝機能に障害が生じて、肝硬変を引き起こすこともあります。さらに、膵臓にも悪影響を及ぼし、急性あるいは慢性膵炎の原因にもなります。

近年では、人間関係などのストレスから腹痛や下痢などの症状が慢性的に現れる過敏性大腸症候群(IBS)や、潰瘍はないのに胃腸が痛むディスペプシア(NUD)という病気が増加してきているといわれています。

  • 逆流性食道炎…胃液が胃から食道に逆流して、食道の粘膜に炎症を引き起こします。
  • 食道がん…熱いものや辛いものを好んで食べる人に多くみられるといわれています。
  • 胃がん…頻繁に胃粘膜を刺激することが原因につながりやすいとされています。
  • 機能性胃腸症…検査で異常が見つからないのに、胃の不快な症状が続く状態の総称。
  • 胃けいれん…胃壁の筋層が緊張して起こる上腹部の激しい痛みのことです。
  • 急性胃炎…胃の粘膜がいろいろな刺激のために急性の炎症を起こした状態です。
  • 慢性胃炎…胃の粘膜が持続的に炎症を起こし、炎症が慢性的になる病気です。
  • 胃潰瘍…胃の粘膜に起こった欠損が、粘膜下の筋層にまで達する病気です。
  • 十二指腸潰瘍…胃液が十二指腸の粘膜を消化し、粘膜より下の層に欠損ができます。
  • 空気嚥下症…空気を飲み込むのが習慣になって、げっぷを繰り返す病気です。
  • 胃酸過多症…胃酸が過剰に分泌されて、胃内の酸度が異常に高くなる状態です。
  • 胃ポリープ…胃の粘膜が変化して、盛り上がってできたいぼ状のものをいいます。
  • 大腸がん…食物繊維が少なく、動物性脂肪の多い食事が関連あると考えられています。
  • 直腸ポリープ…直腸内にできた粘膜の隆起のことです。
  • 潰瘍性大腸炎…大腸、とくに直腸の粘膜がただれて、潰瘍などができるものです。
  • 過敏性腸症候群…ストレスが原因で、下痢や腹痛などの症状が慢性的に生じる病気です。
  • 腸閉塞…腸の一部の内腔が狭くなり、腸の内容物が詰まってしまう病気のことです。
  • クローン病…口腔から胃や腸までの全ての消火器に潰瘍や線維化を引き起こす難病です。
  • 吸収不良症候群…栄養素を正しく吸収できないため、栄養低下をきたしている状態です。
  • 虫垂炎…盲腸の先端から出ている中枢という管に炎症が起きる病気です。
  • 鼠径ヘルニア…鼠径部(大腿つけ根の内側部分)に腸の一部が脱出した状態です。
  • 腹膜炎…腹膜に何らかの原因で細菌が感染し、炎症を起こす病気です。

逆流性食道炎

食道と胃の境界には噴門と呼ばれる部位があり、胃から食べ物や胃液が逆流してくるのを防ぐはたらきをしています。この噴門に障害が起こり、胃液や十二指腸液が胃から食道に逆流して、食道の粘膜に炎症を引き起こすのが逆流性食道炎です。

胸やけや嚥下障害が現れます

手術で胃を切除した人や、肥満気味の年配女性によくみられます。女性はもともと括約筋のしまりが弱く、太っていると腹圧が高くなるので、胃袋が圧迫されて、胃液や十二指腸液の逆流が起こりやすくなるためです。

逆流性食道炎の症状
胸やけがおもな症状です。そのほか、胸骨の後ろの痛みや、げっぷ、飲み込むときの痛みがあったり、飲み込みづらくなったりします(嚥下障害)。重症化すると、糜爛(びらん:ただれのことです)や潰瘍のために出血をともなうようになり、下血や吐血の症状を起こすこともあります。

逆流性食道炎の治療
軽症の場合は、寝るときに上半身を高くしたり、食べ過ぎや飲みすぎに気をつけるだけでも、ある程度は逆流を軽減できます。それでも改善しない場合は、胃酸の分泌を抑える働きのあるH2ブロッカーやプロトンポンプ阻害薬を服用します。

食道がん

のどの下から胃の入り口までの間のどこかにできるものですが、食道がんになる8割は胸部の食道に発生します。とくに60歳代、70歳代の男性に多い病気で、長年にわたってアルコールやたばこの習慣があったり、熱いものや辛いものを好んで食べる人に多くみられるといわれています。
進行は早く、周囲への臓器やリンパ節への転位も起こります。

食道がんの写真です

食道がんは、早期のうちに発見されれば、ほとんどが完全に治癒します。早期発見には、年1〜2回の定期検診が不可欠で、とくに喫煙や飲酒などのハイリスクのある人は、定期的な検診を受けることが大切です。

食道がんの症状
自覚症状としては食物の通過障害を感じるなどいくつか典型的な要素があり、早期の食道がんの多くにみられるのですが、手遅れの状態になるまでまったく無症状のまま、というケースもあります。
また、重度の通過障害は普通ある程度進行した食道がんにみられるのですが、早期でもそのような症状が現れることもあり、症状の度合いと病気の進行は必ずしも一致しないという点に注意を要します。

典型的な症状は、食物を飲むときに使えるような感じや、挟まる感じ、しみる感じ、痛みを覚えることなどがあります。ほかにも胸痛や胸骨後方の痛み、胸やけ、食欲減退、からだがだるいなどの症状があり、たいていはこのいずれかが現れます。そして食物を満足にとることができないため、体重が減少していきます。

食道がんの治療
粘膜よりも下層に達していない早期がんでは、内視鏡を使ってがんのある粘膜を切り取り、治療することができるケースもあります。粘膜下層に達したがんでは、食道全部と周囲のリンパ節を摘出する開胸手術を行い、胃管をのどまで引き上げて食道の代わりとする再建術も行われます。

手術が難しい症例では、食道にステントを入れたり、放射線療法や化学療法を組み合わせた治療が行われることもあります。

十二指腸潰瘍

胃液が十二指腸の内側の粘膜を消化することで、粘膜より下の層に欠損ができた状態です。十二指腸潰瘍の場合は、とくに胃の働きが活発で、胃酸の分泌量が多い人によく起こります。
胃潰瘍は高齢者にもみられますが、十二指腸潰瘍は20〜30歳代の若い人によく起こります。

潰瘍部分の内視鏡画像です

胃潰瘍と同様に、胃酸やペプシンなどの胃粘膜に対する攻撃因子と、粘液や粘膜血流といった防御因子のバランスが崩されて引き起こされます。これにはストレスが関与しているほか、ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)との関係も指摘されています。

十二指腸潰瘍の症状
空腹時に胃部の痛みを感じるほか、潰瘍部分の出血によって吐血や黒色便がみられることもあります。また、患部に穴が開いてしまう穿孔が起きると突発的な激しい腹痛が生じます。

潰瘍の治療と再発を繰り返すと、傷痕が変形し、狭窄を起こしやすくなります。狭窄が起きると、飲食物が通りにくくなり、嘔吐などの症状が現れます。

十二指腸潰瘍の治療
胃液の消化作用を抑える薬剤、酸分泌抑制剤、胃壁の粘液を強める薬剤を服用するなど薬物療法が中心となります。食事は、消化がよく栄養価の高いものを心がけ、たばこ、アルコールは中止します。また趣味や運動などでストレスを解消することも大切です。

潰瘍からの出血がひどく、吐血、下血を起こしている場合には入院し、内視鏡を使って止血の手術をします。潰瘍が深くなり、患部に穴が開いてしまう穿孔という状態になると、激しい痛みが生じ、生命の危険があります。この場合は、急性腹膜炎を起こすので、緊急手術が必要です。

胃潰瘍

胃の粘膜に起こった欠損が、粘膜下の筋層にまで達する病気です。
一般に健康な胃では、胃液の消化作用で胃の内壁がおかされることがないように、胃の粘膜の表層には粘液が薄くかぶさっています。
この胃液の消化作用を攻撃因子、胃壁の粘膜を防御因子と呼びます。これら二つの因子のバランスが崩れると、胃液が胃の壁も消化してしまい、潰瘍ができることになります。

胃潰瘍の画像です

さらに胃の中でヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染があれば、さらに容易に潰瘍ができることになります。また、喫煙・アルコール・コーヒーなどの生活習慣や職場での対人関係・ノルマ・過労などの環境なども発症の誘引となります。

胃潰瘍の症状
主に食後にみぞおちのあたりにシクシクとした痛みを覚えますが、食事と関係なく痛んだり、夜間に痛むこともあります。痛みの症状と併せて、胸焼けやげっぷ、胃もたれ、むかつきや嘔吐、さらに吐血や黒色便がみられることもあります。

胃潰瘍の治療
治療の基本は薬物療法で、胃酸やペプシンの分泌を抑える薬、胃酸やペプシンの消化力を弱める薬、粘膜を保護する薬、粘膜を増加させる薬などを服用します。

ピロリ菌の関与が疑われる場合は、抗生物質を用いるピロリ菌除菌療法を行うことがあります。ピロリ菌を除去すると、再発率が低下するといわれています。出血がひどいときは、内視鏡下で止血をする場合もあります。

合併症について
胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、再発するケースが少なくありません。さらに危険な合併症を招いて手術を要することもあります。それが大出血、穿孔、狭窄の3つです。

大出血…胃の大きな血管が破綻すると、大量の吐血や下血が現れることがあります。通常は内視鏡的に処置しますが、止血しない場合は手術が必要です。

穿孔…深く進んだ潰瘍が外側の膜にまで達してそれを破ると、胃や十二指腸には穴が開き、そこから食物や消化液が腹腔に漏れ出して急性腹膜炎を起こします。

狭窄…潰瘍が治っても、そこには瘢痕とよばれる傷痕ができます。瘢痕は潰瘍が再発するたびに大きくなりますが、これが幽門や十二指腸球部にできると、その部分の内腔が狭くなり、食物がスムーズに流れなくなってしまいます。

胃がん

胃粘膜から発生するがんの総称です。日本人の胃がんは、集団検診による早期発見率の向上、治療法の進歩などによって低下しつつあるとはいえ、依然として、がんによる死亡率の第2位です。
頻繁に胃粘膜を刺激することが原因につながりやすいとされています。アルコール、たばこ、塩分の濃い食品、焼き魚の焦げた部分、硬い米飯などが粘膜を刺激すると考えられています。

内視鏡で見た胃がんの画像です

さらに、胃の中に鞭毛を持ったヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)という細菌がいて、これが発症に深くかかわっているとも考えられています。特に日本人はピロリ菌の感染率が高いとされています。

胃がんの症状
初期には自覚症状はありません。がんが進行していくと、腹痛、胸やけ、吐き気、嘔吐、胃もたれ、食欲不振などが現れますが、胃腸の病気によくある症状と特に変わりありません。

さらに進行すると腹部の腫瘍が押さえてわかるほどになり、全身が衰弱して腹水がたまるようになります。吐血や下血も起こり、体重が減少します。さらに血液やリンパ液で運ばれてほかの臓器に転移すれば、低タンパク血症や脱水症状が現れ、臓器に障害が起こります。

胃がんの治療
がんが早期で小さいなら、内視鏡を入れて、その粘膜の一部を剥がしとる処置をします。内視鏡の一部にワイヤー上の機械を入れ、レーザー光線を照射してがんを破壊することもあります。
また、レーザーの代わりにマイクロ波、高周波電流などを流し、がん細胞を固める凝固療法などを行なうこともあります。

これに対して、がんの範囲が広い場合や、進行がんであるようなときには、手術が基本となります。がんが胃体部より下か胃角や幽門部にできたときは、胃を少し残して切除手術を行ないますが、上のほうにできたときは、胃を全部摘出しなければなりません。
ただし、この場合は消化吸収が悪くなります。胃は少しでも、残っていたほうがよいのです。
がんが胃角や胃体部の下のほうにできたときは、そこから下を切除して十二指腸とつなぐ手術をします。

早期発見のためのがんの定期健診は、できれば半年に一回の割合で受けましょう。
特に慢性胃炎胃ポリープ、消化性潰瘍を患ったことのある人は、それらががん化する可能性があるので、定期健診が重要になってきます。

過敏性腸症候群

精神的なストレスが原因で腸の運動や、腸液の分泌が悪くなり、下痢や便秘、腹痛をはじめとする症状が慢性的に生じる病気です。がんや潰瘍などの重大な病気ではありませんが、電車で通勤・通学をする人にとっては深刻な問題です。
腸の症状を訴えて受診する人の半数以上を占める頻度の高い病気です。便通の状態によって、腸の蠕動運動が低下する便秘型、1日3回以上の下痢が続く下痢型、下痢と便秘を繰り返す交互型に分けられます。

過敏性腸症候群はストレスに注意

以前は過敏性大腸炎、あるいは過敏性大腸症候群と呼ばれていましたが、大腸だけでなく、消化管全体に機能障害が起こる病気であるため、現在は過敏性腸症候群と呼ばれています。

過敏性腸症候群の症状
便秘や下痢のほかに腹痛、腹部の不快感、腹鳴などが主な症状です。排便後に便が残っている感じがする残便感、おなかが膨れた感じがする膨満感、食欲不振などもみられます。
また頭痛、めまい、動悸、肩こり、不眠など自律神経失調の症状が現れる場合もあります。

便秘や下痢については、それを交互に繰り返す交互型便通異常と、男性に多い下痢が続く状態や、女性に多くみられる便秘が続く状態があります。
ただ、下痢や便秘が続いても、身体には衰弱などが現れることはありません。

過敏性腸症候群の治療
ストレスを取り除くことが最善の対処法ですが、ストレスの原因がわからなかったり、わかっても状況(職場の人間関係など)を改善するのは難しいのが現状です。

しかし、規則正しい生活をして、軽い運動を行なう習慣を続けることで、腸管の機能を改善することができます。さらに、このような生活習慣の改善と併せて、下痢止め薬や整腸薬、腸管機能調整薬を服用したり、精神症状がみられる場合は抗不安薬や抗うつ薬などを用います。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は、大腸、とくに直腸の粘膜がただれて、潰瘍などができるもので、クローン病とともに、炎症性腸疾患といわれるものの代表的疾患です。20歳代の若い人に多くみられ、発症には免疫異常が関係していると考えられていますが、はっきりとした原因は不明です。
厚生労働省による難病(特定疾患)の指定を受けていますので、認定された場合の治療費は公費負担となります。

大腸内視鏡で見た粘膜のただれです(重症例)

潰瘍性大腸炎の症状
粘液と血液の混じった便が出ます。下痢やしぶり腹(頻繁に便意を感じるのに少ししか便が出ない)、腹痛などがみられることもあります。症状が進むと、粘血便が一日数回以上みられ、食欲不振や倦怠感、微熱などの全身症状が起こります。ときには口内炎や関節炎、慢性の皮膚炎なども起こってきます。

一度症状がよくなったように見えても、再び悪化することが多く、それを繰り返す人もいれば、症状が治まらずに持続する人もいます。精神的ストレスがきっかけで悪化することもあります。

潰瘍性大腸炎の治療
治療は、重症の場合は入院して行います。症状が悪いときは腸管に負担をかけないように経静脈栄養の天敵などを行い、しだいにおかゆやスープなどの消化のよい食べ物へと変えていきます。
そして症状が軽いときの食事療法は、食物繊維が少ない消化のよい食べ物で、高たんぱく、高エネルギー、高ビタミン食をこころがけます。

薬物療法は、サラゾピリン剤、ペンタサと副腎皮質ステロイド剤が主に使われますが、服用の仕方が難しいので、医師によく相談してください。入院期間は重症の場合、1ヶ月以上かかることがあります。しかし症状がよくなったら1ヶ月に1回程度の通院がいいでしょう。

大腸がん

大腸にできるがんには結腸がんと直腸がんがあります。肺がんと並んで、増加傾向が著しいがんです。毎年約6万人が罹患し、近い将来胃がんを抜くとの予測もあります。
盲腸や上行結腸など、直腸から遠い部位に起きるがんは症状が現れにくく、発見が後れる傾向にあります。

がん発生の直接の原因は不明ですが、食物繊維が少なく、動物性脂肪の多い欧米風の食事が大腸がんの発生と関連があると考えられています。

大腸がんの写真

大腸がんの症状
大腸がん特有の症状はありませんが、血便や残便感、腹痛、便が細くなるなどの症状がよくみられます。これらの症状はS状結腸や直腸にがんができた場合にみられやすく、中でも血便の頻度が高くなっています。

結腸がんの場合は、腹痛、下痢などの症状から、慢性腸炎や潰瘍性大腸炎、結腸憩室炎などと間違えられることがあります。直腸がんの場合は、肛門からの出血を痔と間違えて受診が遅れることがありますので注意しましょう。

大腸がんの診断
スクリーニング検査として便潜血反応を行ないます。排便時の出血や便通異常がある場合には、血液検査で貧血がないかどうか、また腹部のX線検査でガスの分布の状態を調べます。直腸がんでは肛門から指を入れて触る直腸指診だけで診断できることもあります。

確定診断をするためには、造影剤を利用してX線写真を撮る注腸X線検査と、肛門から内視鏡を挿入して直接大腸の内腔を観察する大腸内視鏡検査が必要となります。
内視鏡検査で異常が確認できれば、その場で組織の一部を採取して顕微鏡で悪性かどうかを調べる(生検)ことができます。ポリープやごく早期のがんであれば内視鏡で簡単に治療が可能で、診断と治療を同時に行うことも可能です。

大腸がんの治療
原則として、外科的にがん細胞を除去します。早期がんの場合は、内視鏡下での切除術が選択されることもあります。進行したがん、転移した癌の倍は、それぞれの状態に応じて切除範囲を決め、腹腔鏡下切除術や開腹手術を行ないます。

慢性胃炎

胃の粘膜が持続的に炎症を起こし、炎症が慢性的になる病気で、アルコールやタバコあるいは熱いものなどの刺激が、慢性的に加わることが原因と考えられています。
また、患者の多くがヘリコバクター・ピロリ菌に感染していることから、その関与が疑われていますが、因果関係は証明されていません。

萎縮性胃炎の画像です

慢性胃炎は粘膜の炎症の状態により、次の3つのタイプに分類されます。

表層性胃炎
胃の粘膜表面に帯状、斑状の赤い炎症がみられます。そのまま萎縮性胃炎に移行するものものあります。

萎縮性胃炎
胃の粘膜が萎縮し、粘膜の組織が徐々に破壊されていくもので、慢性胃炎の中で最も多くみられます。胃液の分泌が悪くなるので、食べ物の消化や、食べ物についている細菌の浄化作用が十分にできなくなります。

肥厚性胃炎
胃粘膜の筋肉が緊張して、そのために、厚く硬くなった状態で、胃液の分泌が多くなります。胃酸過多症と同じような症状が現れます。

慢性胃炎の症状
症状が現れないことが多いのですが、上腹部痛、吐き気、胃もたれ、胸やけ、食欲不振などの自覚症状を訴える人もいます。

慢性胃炎の治療
胃腺の萎縮を完治させる方法はなく、対症療法に尽きます。傷ついた胃粘膜を保護するために、胃酸分泌抑制薬や胃粘膜保護薬を服用します。胃もたれなどに対しては、胃の働きを促進する薬を用います。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.