気になる病気と症状辞典

アレルギー、自己免疫疾患のリスト

人間の体は、体内に自分の体の成分と違う物質が入ると、その後はその物質に反応する抗体やリンパ球ができるため、前とは異なった反応を呈するようになります。抗体をつくる原因となる物質を抗原(アレルゲン)といいます。

アレルギーについて

この抗原の働きによってできる免疫は、人間にとって自分を守る大切な反応です。しかし、時には、自分の体に都合の悪い免疫反応が起こってしまうことがあり、体内で産生される抗体や感作リンパ球が、生体に入った物質(抗原)に対する有害な免疫反応を起こす場合があります。
これをアレルギー反応と呼び、これによって起こる病気をアレルギー疾患といいます。

アレルギーは、薬とか食物、花粉など外から入ってくる物質が原因となって起こるのが普通ですが、自分の体、たとえば心臓とか肝臓、腎臓などの臓器組織や血液の成分などが抗原となって起こるアレルギー、つまり、自分の体の成分に対し都合の悪い免疫ができて、それが原因でいろいろの病変を起こす疾患を自己免疫疾患といいます。

アナフィラキシーショック

アレルギー反応のうち、最も激しい症状を示す症状のことで、全身に急性のアレルギー症状が現れるのが特徴です。ペニシリンなどの薬物が体内に入ったときに、普通は免疫グロブリンG(IgG)抗体をつくりますが、ひとによっては免疫グロブリンE(IgE)抗体がつくられます。

アレルギー反応のうち、最も激しい症状を示します

そのような状態で再び同じ薬物が体内に入ると、激しいショック状態を起こして血液の循環不全をきたします。原因となる抗原としては、抗生物質や異種血清、昆虫毒、非ステロイド系消炎鎮痛剤などがあります。

アナフィラキシーショックの症状
原因物質が体内に取り込まれてから数分〜1時間ほどで顔面蒼白になり、口や手足のしびれ、冷や汗、じんましん、呼吸困難、嘔吐、めまい、下痢などが現れます。
重症の場合は、血圧低下によるショック状態におちいり、生命にかかわる危険性もあります。

アナフィラキシーショックの治療
ショックを起こした場合は、緊急の救命処置として、気管支のむくみによる窒息死を予防するため、気道を確保し、酸素吸入を行います。ショック状態では血圧が低下するため、昇圧作用のあるエピネフリンを皮下注射か点滴注射します。
この輸液治療のほか、副腎皮質ステロイド約、気管支拡張薬などが用いられることもあります。

薬物アレルギー

治療のために使う薬そのものがアレルゲン(抗原)となって、アレルギー反応を起こすことです。抗生物質や抗菌剤、解熱・鎮痛剤やワクチンなど様々な薬物が抗原となります。
胃腸薬やかぜ薬などは、体の中のタンパク質と薬物の化合物質が結合してアレルゲンとなり、生物からつくる薬剤などのように、それ自体がタンパク質のものもアレルゲンになります。

薬そのものがアレルゲンとなります

毎年、薬物の種類や使用量は驚くほど増えています。その増加に比例して薬物アレルギーの原因も増えていますので、症状も新たなものが現れています。

薬物アレルギーの症状
主に発疹やかゆみが現れますが、発熱や関節痛などの全身症状や、神経障害あるいは、嘔吐など胃腸障害の症状も出てきますし、喘息などを起こすこともあります。重症の場合は、アナフィラキシーショックを起こす場合もあります。

薬物アレルギーの治療
治療は、まずその薬の使用をやめることです。アナフィラキシーショック症状が起こったら、直ちに医師によってアドレナリンやノルアドレナリンなどの昇圧剤、輸血、抗ヒスタミン剤、副腎皮質ステロイド剤を注射し、窒息、呼吸停止があれば、気道確保、酸素吸入など、症状に応じた適切な対症療法を手早く行う必要があります。抗ヒスタミン剤はじんましんなどの皮膚症状に有効です。

予防としては、アレルギー体質の人は、必ずその旨を医師に申し出ます。特に、ある薬に対して以前に軽いアレルギー反応のあった人が、再びその薬を用いると、ショック症状を起こすこともあります。

また、薬を連用するとその薬に対して感作され、アレルギーを起こしやすくなるので、薬はすべて医師の指示で使うようにします。特に、市販薬を自己判断で長期間使うことは避けましょう。

食物アレルギー

アレルゲンとなる食物を摂取したときに現れるアレルギー反応のことです。代表的な食物には、卵やマヨネーズ、牛乳やバターなどの乳製品や大豆やそばなどがあります。
食品中にサリチル酸塩を含むトマト、きゅうり、りんごなどの野菜や果物などでも起きることがあります。また、ヒスタミンのようなアレルギー誘発物質を含む鯖やタケノコなどの食品でも起きることもあります。

食物を摂取したときに現れるアレルギー反応です

食物アレルギーの症状
原因物質の摂取から30分〜1時間で、じんましんや湿疹、かゆみ、下痢、嘔吐、咳などの症状が起こります。重症の場合はアナフィラキシーショックにおちいります。

食物アレルギーの治療
できる限りその食品を食べないようにすることです。対症療法としては、胃腸薬や抗アレルギー剤を使用します。また、アレルギーそのものには抵ヒスタミン剤や抗コリン剤を用います。
重い症状のものでは、副腎皮質ステロイド剤を使用します。アナフィラキシーショックの場合は緊急治療の必要があります。

花粉症

花粉症は、アレルギー体質の人が、アレルゲンとなる風媒花の花粉を吸入することで発症します。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、嗅覚異常などを起こすアレルギー性鼻炎が代表的な症状です。
2月下旬から3月にかけて症状が始まる場合にはスギ花粉症が、3〜5月に発症する場合はマツの花粉症が、8〜9月はブタクサによる花粉症が最も疑われます。

アレルギー性鼻炎

また、花粉症は鼻症状だけではなく、瞼が腫れ上がるなどなど目にも症状が現れることがあります(アレルギー性結膜炎)。梅雨の無い北海道では牧草の花粉症もあります。
いつ症状が出るかをよく聞いたうえで、確定診断のため、血液中のIgE抗体を調べたり、アレルゲンが疑われる物質を吸入させて反応を誘発する方法あります。

花粉症の治療
マスクを着用するなど、アレルゲンの原因となる花粉と接触しないようにしましょう。
抗アレルギー剤は鼻の過敏性を低下させて症状を緩和しますが、効果が出るまでに服用から2週間ほどかかるので、症状が現れる前に服用を始めなければなりません。

対症療法としては、抗ヒスタミン剤の内服、副腎皮質ホルモン剤の点鼻が有効です。
根治療法は、スギ花粉のエキスを定期的に注射し、原因物質に身体を慣らす方法(減感作療法)で、2年以上続けると効果があるとされています。

慢性関節リウマチ

慢性関節リウマチとは、全身の関節に起きる炎症を主症状とする膠原病の一種です。
原因として体質や免疫異常、環境が関わっていることがわかっています。この病気は女性の発症率が男性の3倍と高く、とくに30歳代以上の発症が多くなっています。16歳未満の小児に発症する関節リウマチを若年性関節リウマチと呼びます。

全身の関節に炎症が起きます

慢性関節リウマチの症状
関節の異常を主体に、微熱や食欲不振、全身の倦怠感、体重減少など、さまざまな症状が徐々に現れてきます。初期の症状として特徴的なのが「朝のこわばり」と呼ばれるもので、朝、起きたときに手足の指がこわばっていて動かしにくかったり、はれぼったく感じたりします。

そのうちに、関節炎の症状が現れてきて、関節が赤くなった紡錘状に腫れて、痛みを覚えます。この関節炎は数ヶ月程度の周期で悪化と軽快を繰り返し、放置しておくと全身のあちこちへ関節炎が生じるとともに、関節が変形したまま動かなくなります。

さらに、関節だけでなく、心臓や肺、目、神経系統などにも異常をきたすことがあります。特に、悪性関節リウマチと呼ばれるものは、病状の悪化に伴って心臓疾患や肺炎などを併発し、そのために重症となって死亡することもあります。

慢性関節リウマチの診断
血液中のリウマトイド因子を調べます。また病気の程度を知るために、赤沈(血沈)CRP(C反応性タンパク)、関節や胸部のX線検査などが行なわれるほか、類似疾患との判別のための各種検査も行われます。

慢性関節リウマチの治療
対処療法が中心となりますが、大きく分けて薬物、理学、外科の3つの療法があります。
薬物は非ステロイド系消炎鎮痛剤や抗リウマチ剤、あるいは免疫抑制剤を使用します。
次に関節の変形と筋力低下を防止するリハビリテーションなどの理学療法、そして関節機能が破壊された場合に手術する外科療法です。

全身性エリテマトーデス

全身性エリテマトーデスとは、全身の皮膚、血管、関節、内蔵がおかされる膠原病で、厚生労働省の難病(特定疾患)指定を受けています。一種の自己免疫疾患ですが、遺伝的体質とも関係があると考えられています。女性の発症率は男性の10倍で、20〜40歳代に多く見られます。

蝶形紅斑があらわれます

全身性エリテマトーデスの症状
原因不明の発熱ではじまり、だるい、体重減少、関節の痛み、赤い斑点が顔や手足の指、手のひらなどにみられます。この赤い斑点は、顔面に腸が羽を広げたような形で出現する蝶形紅斑が特徴です。
また毛髪が抜けたり、寒さやストレスで手指が白くなったり、紫色になったりするレイノー現象もみられます。

症状は表面だけでなく、内臓にも障害を起こします。腎臓が侵されると、無垢や高血圧があらわれ、胸膜炎や心外膜炎を起こして、胸や心臓に水がたまることがあります。
また、肺に炎症を起こしたりすると、胸が痛くなったり息切れや動悸、呼吸が速くなるなどの症状が現れます。

全身性エリテマトーデスの治療
軽症のときは非ステロイド系の薬で炎症を抑えます。重症のときは入院して、副腎皮質ステロイド剤(プレドニゾロン)や免疫抑制剤を使用します。
特に副腎皮質ステロイド剤は有効ですが、危険な副作用をともなうので、その使用には十分な注意が必要です。

日常の注意としては、日光に過敏で、発症を促すので、なるべく皮膚を紫外線に当てないようにします。スポーツや海水浴のあとなどに発症したり、または悪化して発見されることが多いので、夏は帽子やサンバイザー、長袖のシャツを着用し、できれば日焼け止めクリームなどをつけて、直射日光を避けるようにしましょう。
また、肺炎などの感染症を併発しやすいので、風邪をひかないように注意します。

食事は、発熱している時は高カロリーとし、腎臓がおかされているときは塩分を制限します。
適切な治療を行なっていけば、病気の進行がとまり、正常の生活が送れるようになりますし、妊娠、出産も可能です。

サルコイドーシス

サルコイドーシスとは、全身の臓器に結核を始めとする感染症によく似た病巣を作る疾患です。
一般にそのような病巣を類上皮細胞肉芽腫と呼んでいます。しかし、現在までその原因は明確にされていません。

胸部エックス線

病変の拡大が認められる前は無症状の場合が多く、患者の約40%は発病に気付かずに生活しているとされています。発症しやすい年齢は男女ともに20代ですが、40代以降は女性に多くみられます。

サルコイドーシスの症状
かつては集団検診の胸部エックス線撮影で発見されることが多かったのですが、最近は目の異常で発見されることが多いようです。胸部エックス線検査では、両側の肺門リンパ節のはれをはじめとして、肺結核肺線維症に似た肺の病気がみられます。目の検査では、ぶどう膜炎、網膜の血管の異常がみられます。

また症状が悪くなると、咳や息切れなどの呼吸器症状や両目のかすみ、緑内障白内障に移行してきます。関節炎や筋症状を伴うことがあり、肺以外に心臓、肝臓、骨・間接、神経などが侵されます。

サルコイドーシスの治療
原則として、ステロイド剤の使用は最小限に抑えられます。無症状で発見された場合は経過が良好で、発病後5年以内に直るケースが全体の80%を占めています。
心臓や目など、肺以外の病気の進行に注意する必要があります。

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群とは、涙腺や唾液腺に炎症が起こり、乾燥性角結膜炎と口内乾燥症が起こる病気で、患者の半数は全身性エリテマトーデスなどの膠原病や慢性関節リウマチを合併しています。
患者の90%異常が女性で、30〜50歳代に発症することが多く、特に40歳代に発症のピークがあります。この病名は、1933年にスウェーデンの眼科医ヘンリック・シェーグレンが報告したことに由来します。

口が渇いたり、唾液が出なくなったりします。

シェーグレン症候群の原因
自分の身体の成分に対して免疫反応を起こす自己免疫異常が関与しています。
そのほか遺伝的要因、ウイルスなどの環境要因、女性ホルモンの要因が考えられています。
これらの4つの要因が複雑に関連し合って発症するものと考えられ、どれか一つの原因で発病するわけではありません。

シェーグレン症候群の症状
乾燥症状が特徴です。涙腺では目がゴロゴロしたり目やにが多くなったりします。
唾液腺では口が渇いたり、唾液が出なくなったりします。急性の唾液腺炎の場合は両側の耳の下が腫れるため、おたふく風邪と間違えられるほどです。そのほか移動性の関節痛が起きます。
さまざまな分泌腺がおかされて内臓障害を起こす人や、咳、筋肉痛、嚥下困難などがあらわれる場合もあります。

シェーグレン症候群の診断と治療
涙は目に濾紙を挟んでその量を測定し、唾液の量はチューインガムをかんだときに出る量を測定します。さらに唇の組織検査をすることもあります。
治療には、人口涙液や水分の補給、うがい、代用唾液などを使って対症療法を行います。また、発熱などの全身症状が強いときは副腎皮膚ホルモン剤や免疫抑制剤が使われます。

ベーチェット病

ベーチェット病とは、口腔粘膜に繰り返し起こるアフタ性口内炎、にきびのような皮疹、外陰部の潰瘍、目の炎症を主症状とする膠原病類縁疾患のひとつです。
人気グループ「EXILE(エグザイル)」のMATSUがベーチェット病を患っていることを公表したことで、若い世代にもこの病気が広く知られるようになりました。

口の中に潰瘍性の病変が起きたりします

ベーチェット病の原因
原因は不明ですが、白血球の特定のタイプの人に発症が多いことがわかっており、遺伝的素因に何らかの環境因子が関わっていると考えられています。

ベーチェット病の症状
アフタ性口内炎、外陰部潰瘍、目のぶどう膜炎、皮膚の結節性紅斑が繰り返し出現します。皮膚に出る紅斑は、皮下に結節(しこり)があって、盛り上がり、押すと痛みがあります。
目のぶどう膜炎は症状が悪化すると失明の恐れがあるので注意が必要です。関節炎は左右対称に起こらず、あちこちの関節に移動して起こるのが特徴です。

ベーチェット病の診断と治療
症状のほかに、針反応検査が診断に使われます。注射針を刺したあとに膿疱ができることがあるからです。血液検査では赤沈亢進、CRP陽性、白血球の増加などがみられます。
治療には副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤、消炎鎮痛剤を使用します。副症状にはその症状に合う薬の使用や外科治療を行ないます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.